応仁記30

− 相国寺炎上の事・その1 − 


 (山名方は)去る九月十三日に三宝院と浄花院を攻め落とし、今度は相国寺を攻め落とすことになった。

 細川方は、下京を山名方に追い出されたうえに、内裏の東は三宝院が落ちた時に焼け野原になってしまい、相国寺の他には足掛かりが無くなっていた。

 (山名方は)「この寺を焼き落とせば野原となって要害が無くなり、敵はひとたまりもあるまい」と相談して、相国寺を目指して攻め上った。

 細川方も、「一条より上に敵を入れれば味方の軍勢は戦いのしようがなくなり、城への出入りが難儀になるだろう」と、東は烏丸高倉の御所、西は伊勢因幡守の宿所から三条殿を守備して、昼夜を問わず戦い暮らした。相国寺法堂

 そうしたところ、十月三日、山名方の悪僧が、敵に言い含められて相国寺に火をかけた。

 写真は、相国寺の法堂。江戸時代の初め(1605)に建てられたもの。

 それより以前、「相国寺を敵に取られたらたいへんなことになる」と、安富民部元綱兄弟、長野弥二郎、分部、雲林院以下三千騎が立て籠もっていた。合図の火煙が立ったので、畠山右衛門佐義就、同修理大夫(義統)、大内介(政弘)、一色左京大夫(義直)、土岐右京大夫成頼、六角四郎高頼の軍兵二三万人が、一条室町より東の、烏丸、東洞院、高倉の間の四五町を一斉に攻め上った。

 高倉の御所と烏丸殿をかためていた京極・武田勢はこれを見て、「敵軍がすでに相国寺に攻め入った」と思い、出雲路へ退いた。

 三条殿は伊勢の住人関民部少輔と備前の住人松田次郎左衛門尉が五百騎あまりでかためていたが、一戦しただけで敗れ、松田は討死して関はかなわずに退いた。

 この松田は、戦いの前に御所(足利義政)の御前に参上すると、「洛中の合戦は、今日で決着がつくと思われます。御盃をいただいて、生前の面目、冥途の訴えにつかまつろうと存じます」と、申し上げた。そこで土器(かわらけ)を下された。三度頂戴したあと、「我が百年の命を留め、君一日の恩に報いん」と独り言して合戦に向かい、このように討死したのは殊勝であった。

 相国寺の東門をかためていた伊勢の長野衆は、火がかかったのを見てことごとく退いた。

 安富民部丞元綱(勝元の執事)兄弟はわずかな手勢と六郎殿(勝元の猶子)の馬廻りだけで総門をかためて、石橋から攻め入る大敵を引き受け、七度まで押し出して追い散らした。その後引き返すと、舎弟の三郎を呼んで言った。

「合戦は、今日で終わりだ。この門が破られれば、勝元は御大事に及ぶだろう。わしはここで討死しよう。おまえは六郎殿と一緒に鹿苑院から駆け抜けて四足門(しそくもん)へ参上し、屋形(細川勝元)の御供をして加茂のあたりから丹波へ落としたてまつれ。この攻め口にこれほどの大軍が押し寄せていることから考えると、花の御所も火急であろう。急げ。」

 そこに、東門から敵数万人が再び攻め込んだので、元綱兄弟も六郎も、配下の士五百人と共に一歩も退かずに敵とひっくみひっくみ一人残らず討死した。

 赤松次郎政則が入れ替わってこれを防いだ。にわかに掘った小堀ひとつを隔てて、掘を越したり越されたりしながら防ぎ戦った。

 総門は大内(政弘)と土岐(成頼)が、「今日敵を追い落とさなければ本陣へは帰らない」とばかりに攻め立てた。赤松の一族太田三郎、安丸与一郎以下、赤松の被官五十三人がそこで討死した。すでに難儀に及んだが、浦上と安丸河内守が身命を捨てて戦ったので、御所の中へは切って入ることができなかった。

 仏殿の焼け跡から大内(政弘)が攻め入ろうとしたが、赤松道丸、同伊豆守(貞村)、武田治部少輔国信が身命を捨て、手をくだいて防ぎ戦ったので、これも切って入ることができなかった。

 未明から戦い暮らし、黄昏になってから互いに疲れて双方とも退いた。


戻る

次へ

インデックスへ戻る