応仁記31

− 相国寺炎上の事・その2 − 


 大内方、土岐方が討ち取った首を、車八両に積んで西陣へ引き取った。死骸は白雲の門から東今出川までの掘を埋め、幾千万という数であった。この過半は、寄せ手の死骸であった。まだ生きていて、掘の底から這い上がる者もたくさんいた。

 この総門を守っていたのは、細川の馬廻り、赤松衆、その他、石見の佐波、高橋、安芸の毛利、小早川などの軍兵である。身命を捨てて戦ったので、掘にはまった赤松衆は三百人という。

 元綱(安富元綱)の手の者は、丹波へ落ちて行った。

 死骸を埋葬する人もいなかったが、そこに六郎(勝元の猶子)とつき合いのあった禅僧が来て死骸を埋葬した。泣きながら、「この人々が乱中に死んだのでなかったら盛大な仏事作善もあるだろうに、死骸さえ埋葬できず、犬の死骸のように扱われているのは嘆かわしい。」と言うと、陣屋のかたわらに卓を一脚立て、中陰の儀式をおこなった。

 硯箱の蓋に短冊が入れてあるのを見ると、

さめやらぬ夢とそ思ふ浮人の烟と成し其夕部より

と、あった。これは、有公卿の息女と六郎殿の間に約束があって常々手紙を通わせていたが、その人の歌という。六郎殿は、今年で十六歳であった。

 寺や家の余煙が八方からたちこめたので、御台所(日野富子)を初めとして局や上臈は驚いて、鞍馬・貴船から北丹波の方まで逃れようと騒がれた。

 しかし、公方様(足利義政)は騒がれもせず、いつもどおりの様子で御酒宴されていた。


戻る

次へ

インデックスへ戻る