応仁記32

− 蓮池合戦、政長武勇の事・その1 − 


 相国寺が焼けたあと初冬の時雨が降り、火は鎮まって煙も少しおさまった。

相国寺仏殿跡 一色左京大夫義直と六角四郎高頼は、攻め口の隙間が無くて総門の合戦に加われなかったのを無念に思い、「花の御所の北に廻り、飯の古屋敷、富樫介の屋敷跡から攻め入ろう」と考えて、仏殿の跡には高頼の近江衆が陣取り、山門の跡には一色の衆が陣取った。これは、西面の塔頭の火が鎮まるのを待っていたようである。

 写真手前は、相国寺の仏殿跡。両側の生け垣の左右にも仏殿跡がひろがっている。奥の建物は、法堂。

 細川方は、一条から、北は出雲路、東は川崎までを領して、詰めの城としては相国寺を頼りとするほか足掛かりが無かった。ところが、この寺が焼けて民家は野となり、陣中の男女は魂も失せて肝もつぶれた。人々は賀茂を目指して落ちて行き、構えの中はみなあわてふためき、守り抜けるとも思えなかった。

 そこに、四国の住人、一宮入道勝梅が勝元の前に参上して申し上げた。

「頼りと思し召していた安富(元綱。勝元の執事)も六郎殿(勝元の猶子)も石橋で討死し、赤松衆も御馬廻り衆も総門で多数討たれ手負いとなりました。その他は、持ち口の取り合いが激しくて、持ち場を離れられそうにありません。それがしが一人で打ち立って、敵を追い出し、ひと防ぎしてみましょう。おそらく、一万騎程度の兵には勝てると思います。御心やすく思し召してください。それがしが負けて討死した時は、御支度する必要があるでしょう。」

 このように広言を吐いて、ふすべ革の腹巻に、高角打ったる同じ毛の五枚兜を着け、七尺三寸の大太刀を脇に抱えて総門に出ると、片方の扉を開け、仁王立ちになって敵を待ち受けた。その様子は、兜跋毘沙門天が阿修羅に向かう時もかくやと思われ、頼もしく見えた。

 その時、細川讃岐守成之が自分の屋形の周囲を堅固に守らせて、兵部大輔勝久を連れて公方の御所に参上した。人々は、御所を落としまいらせるための御警固のためであろうと思った。

 尾張守政長(畠山政長)、山名弾正是豊、有馬上総介元家、武田治部少輔(国信)らが参上して下座にいらっしゃったので、成之は御門から下座へまわり、人々に目礼して御前に参上した。

 御台所(日野富子)から春日の局を通して、「この世の中のありさまは、どうしたことでしょう。ひとまず鞍馬あたり若狭・丹波の方へでも御供してほしい」との仰せがあった。

 成之は謹んでうけたまわり、

「御敵どもが蜂起したとはいえ、どうということはありません。我らの名字の者が五人も十人も討死つかまつれば、その時はどこへなりとも御供いたしましょう。西の敵は、すぐに被官どもに申し付けて追い払います」と、申し上げた。

 退出して下座を通る時、「かたがたは、敵を放ってここにいるとは」と言って出られた。そのまま四足門へ走って行き、京兆(細川右京大夫勝元)に申し上げた。

「敵軍は相国寺の焼け跡に陣を取ることでしょう。そうなったら、この構えはそのうち出入りできなくなります。もしも出入りできなくなったら、公方の御警固が難しくなります。まず、敵軍が陣を固める前に急いで軍勢を差し向けられ、寺中にいる強卒を追い出されるべきです。そうしなければ、この城の軍勢は、みな檻の中の獣、鼎(かなえ)の中の魚と異なるところがありません。」

 勝元は、

「それがしも同じように考えている。先刻、山名弾正忠(是豊)に申し遣わしたところ、『このところ百々の口を守って昼夜の別なく戦い続けているが、もしもこの口をうち捨てれば、構えはただちに破れてしまうでしょう』と、申してきた。誰か、向かわせるべき者はいないか」と、仰せになった。

 秋庭備中守(元明)が進み出て、

「畠山左衛門督(政長)を向けられるのがよいでしょう。今、千騎万騎をも一度に切り崩せる大将は、おそらくこの人だろうと言われています」と、申し上げた。

 「それなら」と、ただちに秋庭を使者として政長を呼ばれた。


戻る

次へ

インデックスへ戻る