応仁記33

− 蓮池合戦、政長武勇の事・その2 − 


 勝元が、政長に向かって言われた。

「相国寺の跡に控えている敵を追い落とさなければ、この構えは難儀なことになります。大将として、追い払ってもらえないでしょうか。もしも御同意くだされば、軍中第一の高名、公私至極の御忠です。」

 政長も、敵軍がこのまま勝ちに乗ると自分にとっても大事となるので、思案に及ばず同意して言われた。

「我々が発向するのはかまいませんが、去る御霊の合戦のあと牢人して、軍兵はわずか二千にも及びません。敵は同名の義就を初めとして、大内、一色、土岐、六角、およそ二三万もいるかと思われます。加勢をいただけないでしょうか。」

 成之がそれを聞き、少しもためらわずに政長が了承されたのに感心して、

「それがしも共に参りたく思いますが、それがしの持ち口は大事なので、離れるわけにいきません。東條近江守を加勢として参らせましょう。軍勢は少ないですが、お連れください」と、言った。

 政長と東條は花の御所の四足門を発ち、室町を上がられた。

 それを見た見物の者どもは、「敵の軍勢は相国寺の跡から内裏まで立錐の余地も無いほどに控えているのに、この小勢でどうやって合戦しようというのか」と、ささやきあった。

 政長は馬上で大きな声で言われた。

「たとえ敵が百万人いたとて、どうして切り崩さずにおけようか。当陣の人々は、安心してほしい。きっとこの合戦に打ち勝ってみせよう。このたびの弓矢は、それがし一人で勝利してみせよう。みな、証人になってくれ。」

 あとになって考え合わせると、勝つことを最初から知っていらっしゃったのかと、恐れない者はいなかった。


戻る

次へ

インデックスへ戻る