応仁記34

− 蓮池合戦、政長武勇の事・その3 − 


 やがて、普光院殿(相国寺の塔頭)の焼け跡から打って出て、東條を東河原へ差し向け、「東から横槍を入れよ」と策を授けた。

 その日の政長のいでたちは、黒革威の腹巻に広袖を着け、小泉兜の緒を締めていた。

相国寺山門跡 馬から降りて長刀を杖につき、南を見れば、仏殿の跡から山門の前まで敵およそ七八千が見えた。これは高頼(六角高頼)である。山門の跡にいるのは、一色(義直)の勢。南の総門の前の石橋から下に控えているのは同名(畠山)義就の勢であった。

 写真は、相国寺の山門跡。この奥(北側)に仏殿跡がある。

 神保宗右衛門長誠が、大将(畠山政長)に向かって言った。

「この小勢で大軍を破るのはたいへんなことです。軍勢を散らさず、一つにかたまって攻めかかれば、敵はこちらが小勢だろうと思って油断するでしょう。その時、一方に攻めかかればきっと切り崩せるでしょう。もしもしりごみする者がいたら、追い立てて進みましょう。この兵(つわもの)千人が一つ枕に討死すれば、どうして利を得られないことがありましょうか。」

 諸軍も「もっとも」と同意して、楯を正面に並べて敵の虎口に突っ込み、一二百帖の楯を捨てて槍を入れた。東からは、東條近江守の二千人余りが攻めかかって横槍を入れた。東條が先に進んで討たれないように、政長と神保も一緒に討死しようと虎口へ進んた。士卒も、主(あるじ)を討たせまいと我も我もと進んだので、近江源氏高頼(六角高頼)衆が六七十人、枕を並べて討死し、葉武者は雪崩をうって味方の陣に退いた。

蓮池 山門の一色(義直)方が入れ替わって渡り合ったが、六角方の敗軍に槍のさばきが思うようにいかず、敵かと思えば六角方の逃げ惑う兵、味方かと思えば敵で、合戦にならず、ただ一戦で敗れてしまった。

 一色衆の石川佐渡守、同九郎が討死したが、東條がその首を取って太刀に貫き、敵を追い詰めて蓮池に追い落とした。六角・一色衆は、両陣合わせて侍の首六百余りを取られた。

 写真は、相国寺総門の脇の池。奥に見えるのは勅使門。

 政長が、東條のところに行って大音声で勇んだ。

「一昨日、花の御所の総門にて取られた車八両の首の返報に、六角方・一色方の首八百をたまわった。これでは不足だが、堪忍いたす。」

 義就は総門の石橋のところに控えていたが、「無念だ」と甲斐庄を呼んで言った。

「仏殿の北に出て来た敵の中に、蝉小旗を指した勢一二千が見える。あれはまさしく尾張守(畠山政長)の勢であろう。味方が槍を合わせているが、乱れ立って見える。きっと負けるだろう。こちらの勢から二番槍にかかれ。」

 こう言い終わらないうちに味方は皆追い落とされて崩れ立ったので、これも一色と同じように味方の敗軍に巻き込まれ、槍を合わせることもできずに右往左往するばかりだった。

 その日は暮れたので戦い疲れ、互いに軍勢を引いて、敵も味方もそれぞれの陣に戻った。

 この時、おかしなことがあった。

 総門の東の脇で、浦上美作守が楯の陰に隠れていた。秋庭豊前守が通った時、「秋庭殿、この口はもってのほかの難儀です。御合力ください」と、声をかけた。すると秋庭は、摂州猪取野合戦の時に大内衆に負けて逃げたと敵に笑われたのを急に思い出し、「浦上殿よ。それがしの名を、大きな声で呼んでくださるな。臆病者のそれがしがいるのがわかって、かえって敵の気を引きますぞ」と、言った。

 「秋庭は本当は優れた人なのでこんなことを言ったのだ」と、かえって人々は秋庭を誉めた。


戻る

次へ
次から巻第三

インデックスへ戻る