応仁記35

− 赤松家伝の事・その1 − 


 赤松の家中に中村五郎左衛門尉という者がいた。逼塞していたが、大功を立てる事を朝も晩も願っていたので、傍輩たちを十人ほど誘って同年十月三日に切って入った。

 院の庄を拠点にして数度の合戦に利を得たが、東郡に敵が現れて妙見の城、菩提寺、和介山などに立て籠もったので、政則(赤松政則)が一族の広岡民部少輔祐貴に軍勢を添えて下向させた。

 三年の間、合戦のやむことがなかった。大町は山城の柏の城で討死し、掃部頭も病死してしまった。その子の彦房も尽期山の合戦に敗れて伯耆国に落ち延びた。栗井加賀と松原弾正は和介山で討死した。中村のあちこちでの合戦は、すべてを書くことができないほどである。その後、赤松は三か国を手に入れた。

 赤松の本国の三か国を山名家が拝領したのには、子細があった。

 等持院殿(足利尊氏)が御代を召された初めのことを言えば、相模入道高時(北条高時)の子の相模次郎時行を諏訪三郎が援助して鎌倉におり、坂東八か国から東山道まで王化に従わなかった(中先代の乱)

赤松略系図 征伐のために尊氏公が東八か国の管領をうけたまわって御下向する時、赤松入道(円心 (則村) に向かって、「このたび鎌倉の朝敵退治のために再び下向することになったが、これは尊氏の一大事である。子息を一人所望したい」と、仰せになった。そこで、次男の筑前守貞範を御供させた。

 貞範は、相模川の合戦や箱根水呑峠の合戦で戦功をあげた。

 そうして相模次郎時行を没落せしめ、関東を鎮めたところ、都で新田義貞がしきりに讒訴して尊氏退治の綸旨を蒙り、義貞が関東に下向した。その時、貞範は竹下の合戦で比類のない忠戦を遂げたので、建武二年(1335)十二月十二日、御教書をもって貞範に播磨国ならびに丹波国春日部庄を宛行われた。

 その頃、父の入道円心(則村)、嫡子範資、三男律師則祐の三人は、御醍醐天皇の勅命に応じて上洛することになり、摂津国雀の松原まで進んだが、「坂東の合戦で新田殿(義貞)が敗れて尾張国まで退かれ、御所様(足利尊氏)が勝って近いうちに御上洛される」との知らせが入り、播磨国を宛行(あてが)うとの御教書も父入道の元へ送られて来た。そこで、入道父子三人は雀の松原から引き返し、播磨国で将軍家(尊氏)の味方として旗をあげた。

 貞範は父に孝行で、兄弟を思う心も深く、また、入道(円心)のあと則祐が在京して忠功があったため、国を世話して、則祐は備前国と因幡国を宛行われた。

 範資と子息の大夫判官光範の二代は、摂津国の守護であった。

 貞範は播磨と美作を宛行われたことが、御教書の懇ろな文に記されている。


戻る

次へ

インデックスへ戻る