応仁記37

− 赤松家伝の事・その3 − 

赤松略系図 その後、享徳三年(1454)頃、山名金吾(持豊)が上意に背かれた折りに、細川讃岐守(成之)の取り成しで彦次郎常陸介祐之と五郎則尚が内々に赦免された。彼らは山名相模守(山名政豊)とも金吾とも仲が悪かったので、公方の元へ参上された。

 十一月二日の夜、公方の元に軍勢を召され、相国寺の鐘を合図に山名金吾のところに押し寄せることに決まった。

 細川勝元は山名金吾の婿だったので、内々これを贔屓にしていた。「上意にお任せする」と言いながら、二日の夜半に逐電した。そのため、持豊を討つのは延期された。勝元は東山五大堂にいらっしゃることがわかり、彼の家の人々が馳せ集まった。

 こうして、金吾の御退治は取り止めとなった。但馬国に在国するようにと仰せ付けられ、嫡子伊予守教豊を残して金吾は下国された。

 やがて赤松彦次郎(祐之)と同彦五郎(則尚)は播州に下向して国を討ち従えたが、翌年五月、金吾(持豊)が討ち入って播磨国普当山に陣を取った。壇徳山という山に籠もった敵をひと攻め攻めたが落とせなかった。これをうち捨て、坂元へ向かった。これは、室山に子息の弾正是豊と備後の者どもが籠もっていたのを彦次郎と彦五郎が攻め、難儀に及んでいるのを聞いたためである。敵を後に残して坂元へ向かうと、思ったとおり室山の寄せ手は退いてちりじりになり、壇徳山の敵もこれを聞いて没落した。

 彦五郎(則尚)は、備前国のかくい嶋で自害した。彦次郎(祐之)は伊勢国司北畠殿を頼って下ったが叶わず、その国で腹を切った。

 こうして、享徳四年(1455)から応仁元年(1467)まで山名金吾と天下に肩を並べる人は希であった。この頃の諸国の動乱の様子を記そうとすれば、筆の海を尽くしても書ききれないほどである。


戻る

次へ

インデックスへ戻る