応仁記38

− 神璽の御事 − 

赤松略系図 また、赤松次郎(政則)の赦免のことも子細があった。

 彼の家中に石見太郎左衛門尉という者がいたが、この者がまず三条内府(実量)の元に奉公に出た。宮仕えの労を尽くしたので、内府の御意もよかった。

 ときどき赤松家のことも申し上げた。綸旨明鏡の趣き、入道円心(赤松則村)が等持院殿様(足利尊氏)にいただいた七通の御契状の趣き、「細川は父、赤松は母」などと記した御置文のこと、錦の直垂を奉ったことまでこまごまと申し上げたので、内府もそれを聞いて、「さて、何か嘉吉の悪逆を埋めるほどの功を立てられないものか」と仰せになった。

 石見太郎左衛門尉はつくづく思案して、申し上げた。

「内侍所の日本御宝、神璽・宝剣のうち、神璽が南方(南朝)にあると聞いております。これを取りまいらせて、都へ帰すことができるかもしれません。」
(嘉吉三年(1443)、南朝の遺臣が内裏に侵入して、三種の神器のうち神璽と宝剣を奪う事件が起きた(禁闕の変)。宝剣は間もなく清水寺で発見されたが、神璽は吉野山中に持ち去られたままになっていた。)

 内府は、「それなら赦免のこともかなうであろう」と思い、内々に室町殿(足利義政)に申されたところ、「勅命を請うのがよかろう」ということになった。天奏をもって伺ったところ、「我が朝の御宝が入洛することになれば、赦免は子細あるまじ」との勅命であった。

 これを聞いて石見は喜び、赤松一族の間嶋と被官の中村太郎四郎と相談して、同志の者ども十人余りで南帝(北山宮。尊秀王とも)に奉公することを望み申し上げた。

 「左大臣義教を討った御敵だから」と御心安く思し召し、夜のおとど(寝所)の近くまで伺候おさせになった。

 ある夜、忍び入って南帝を討ち奉り、三種の神器を奪って忍び出たところ、吉野十八郷の者どもが気付いて追いかけてきた。御頚を持っていた中村太郎四郎は、郷人に討たれてしまった。三種の神器は間嶋たちが持ってまかり上った。

 内府が急いで室町殿に参上し、そのことを申し上げたところ、ただちに奏聞された。叡慮は斜めならず、神器を紫宸殿へ移しまいらせた。

 先年嘉吉に治罰を行われたとはいえ、このたび勅許があって寛宥となった。政則は五歳であった。

 長禄三年(1459)、赦免の綸旨に御教書を副えられ、まずは闕国であった加賀半国を、綸旨に御教書を添えて下された。

 山名金吾(持豊)はこのことを不本意に思われ、石見太郎左衛門尉が三条殿の幸若舞が終わって混雑する中を帰る時、辻切りのようにしてこれを討たれた。赤松次郎(政則)の赦免のことを山名が不満に思ったのももっともなことである。

 結局、武衛(斯波家)の騒動から天下の乱が始まって、畠山両家の矛盾から細川・畠山・山名の間に宿意が生じ、この一乱が起こって赤松は本国安堵となった。


戻る

次へ

インデックスへ戻る