応仁記39

− 但州合戦の事 − 

 応仁二年(1468)三月二十日、但馬国朝来郡では、長九郎左衛門尉(政連)と丹波の内藤孫四郎が足立、芦田、夜久に乱入し、一品、栗鹿、磯辺に軍勢が満ちあふれた。

 太田垣土佐守父子が京都に在陣していたので、その留守居として同名新兵衛尉が楽音寺に陣を取っていたが、一品の上の大同寺山の敵が葉武者のように見えたので磯辺へ出たところ、敵は東河を出て発向したらしく、ものを焼く煙が峰尾に移るのが見えた。そこで、夜久野の賀茂山に登って遥かに見ると、大将と思われる旗が二流と、屈強の兵どもが魚鱗に連なっているのが広い野中に見えた。

 「味方は小勢。どうしようか」と思案していたところ、太田垣新兵衛と行木山城守が、「続けや、者ども」と叫んで鏑矢を射放ち、切先をそろえて討ってかかった。その勢いを恐れて敵がたじろぐところを、「得たり」と大将らしい者に斬ってかかった。長(政連)も内藤(孫四郎)もしばらく戦ったがその場で討死した。

 大将が討死して夜久野の敵もちりぢりになったので、東河へ討ち入った勢もちりぢりに落ちて行った。これを見て、粟鹿や一品にいた者たちもほうほうのていで逃げ失せた。

 この合戦で勝利したことを京都に注進したので、金吾(山名持豊)は喜び、具足に御賀丸という太刀を添えて太田垣新兵衛に下された。鹿苑院殿(足利義満)から下された重宝という。

 このように利を得たものの、朝来郡は播磨と丹波の境でもある。郡の者が敵を引き入れようとしていると伝わって来たので、太田垣土佐守の嫡子新左衛門宗朝を差し下され、この機会にと、丹波国に乱れ入った。

 宗朝は丹波国佐治の青梨山に陣を取り、佐治、芦田は言うに及ばず、犬山濃あたりまでうち従えた。下の口からは垣屋越中守と同平右衛門尉を大将として河口、和久のあたりまで乱れ入ったが、雑説があって合戦はあまりしないままに但馬へ引き退いた。そこで、太田垣新左衛門尉(宗朝)も、「一か所から攻めてもうまくいくまい」と評定して青梨から退いたのは無念なことであった。

 また、文明三年(1471)三月二十三日には山名弾正是豊の子、七郎が、但馬国九日面に乱れ入った。九日の川向かいに陣を取り、心を合わせていた奈佐太郎以下の者どもが九日の面の上、富辺羅山に陣を取った。

 九日では、垣屋越前入道宗忠が、孫の亀石丸を養育していた。垣屋越中入道の子の平右衛門尉が馳せ合わせて、とべら山の軍勢を追い崩し、奈佐を初めとする人々を討ち取ったので、川向かいに陣を取っていた弾正七郎も、捨て鞭を打って引き退いた。


戻る

次へ

インデックスへ戻る