応仁記40

− 醍醐山科合戦の事 − 

 また、醍醐・山科は三宝院がお持ちになっていたので、御合力のために赤松衆と武田衆が支えていた。

伏見稲荷 骨皮左衛門道源(道賢)といって、多賀豊後守が所司代だった時に仕えていた目付の者がいたが、京中や山城に手の者を多数持っていた。この者が申し出たので、勝元が呉服の織物と黄金作りの太刀などを給い、山科から稲荷へ越えて、社務の羽倉出羽守と申し合わせ、稲荷山の上の社に陣を取った。

 写真は、伏見稲荷(京都市伏見区)。背後に稲荷山がある。

 伏見、小幡、藤の森、三栗、深草、淀、竹田、鳥羽、法性寺小路まで見下ろす場所だったので、郷人どもは大略降参し、下京では何事も起こらないように思われた。

 そこに、山名(持豊)と畠山(義就)が諸勢を遣わして稲荷山を攻め立てたところ、籠もっていたのはあちこちの悪党・物取りだったため、方々へ逃げ散ってしまった。道源(道賢)は板輿に乗って女のふりをして後方の山へ落ちて行ったが、山名殿に味方する河原者が追いかけて討ち取った。

 落書があった。

昨日までいなりまはりし道源を けふ骨皮と成(なす)ぞかはゆき

(威張るという意味の「いなる」と稲荷を掛けている)

 長井斎藤別当実盛は錦の直垂を給わって名を北国の巷(ちまた)にあげ、錦の袂(たもと)を会稽山に翻した朱買臣の事まで挙げてさまざまに誉められ続けたが、今の骨皮左衛門のことは、「呉服の織物を稲荷山に翻す」などと戯言の小歌にして京童どもが歌った。

(『平家物語』の巻第七に、「昔の朱売臣は、錦の袂を会稽山に翻し、今の斎藤別当実盛は、其名を北国の巷に揚ぐとかや」とある。『応仁記』の「呉服の織物を」云々は、これをもじったもの。斎藤実盛は、平家方として故郷越前での木曽義仲との合戦に赴く際、「故郷に錦を着て帰りたい」と申し出て錦の直垂をたまわり、それを着て討死した。朱売臣は、貧しい家に生まれたが、苦学の末に後漢の武帝に仕え、故郷の会稽の太守となった。「朱売臣之衣徳采也、錦翻会稽之嵐」(『本朝文粋』)。)

 社司の羽倉出羽守も、それに従う者たちも引き退いた。

 醍醐・山科はこのような状態で、朝倉弾正左衛門尉と足軽の高野藤七に取られて、逸見駿河守入道は辛うじて退くことができた。

 応仁二年(1468)九月三日、内藤備前守(貞正。勝元の被官。丹波守護代)が丹波国の軍勢を催して、同六日、久下、永澤(長澤。中澤とも)、荻野、本庄、足立、芦田以下の人々が大江山を越えて谷ノ堂、峯ノ堂、梅津、桂を発向し、嵯峨の天龍寺を初めとしてことごとく放火した。

 これによって、同七日、山名金吾(持豊)の元から宮田備後守を大将として諸家の勢が馳せ向かった。義廉(斯波)、義就(畠山)、政弘(大内)の勢も向かった。

 勝元は気を揉んだが、山名の陣を越えて軍勢を送って合力することはできなかった。


戻る

次へ

インデックスへ戻る