応仁記41

− 舟岡山合戦の事 − 

 (細川方は)「それなら舟岡山を攻めよ」と、能成寺の口へと出陣された。安富・香河は芝の薬師安居院口へ向かい、舟岡山へは山名の是豊、薬師寺与一、浦上美作守(則宗)、成真院などが向かった。

 写真は、船岡山の山頂付近から南西方面を望む。船岡山は平安京の内裏の真北にある丘で、平安京造営の際に基準点とされたと考えられている。山上には北方の守護神である玄武を祭る船岡妙見社のほか、織田信長を祭神として明治時代に創建された建勲神社(たけいさおじんじゃ。通称「けんくんじんじゃ」)などがある。

 この山は、一色左京大夫(義直)と山名相模守(教之)が支えていた。

 乾(いぬい。北西)、北、艮(うしとら。北東)の三方から攻め上ったが、この攻め口は小鴨安芸守が支えていた。

 そこに、浦上の小者で一若という足軽が、賀茂から紫野の正伝寺の脇を通って、わずか五六十人で舟岡山の後ろへまわった。この口は一色が支えていたが、「敵がこの口から攻めて来ることはあるまい」と思っていたので、ほとんどの者が嵯峨へ行っており、そこには甲斐がいしい者はいなかった。

 一若が、堀を飛び越え、石築地に飛び乗って陣屋の脇に火をかけたので、一色は諸勢を連れて金吾(山名持豊)の陣へ馳せ加わった。

 その頃、相模守(山名教之)は病気で、養生のために本陣にいた。小鴨安芸守は文武二道の兵(つわもの)だったので、少しもためらわず、前後の敵を蜘蛛手十文字に切ってまわり、去年大宮で討死した常陸守の子の三郎と共に討死した。討死したのは、すべて相模守が頼みきっていた兵五十人あまりであったという。

 写真は、「応仁永正戦跡 舟岡山」の碑。船岡山は平安時代にさまざまな祭祀が行われ、また、貴族の遊宴が行われた場所だったが、応仁の乱以降、戦略の要地として攻防の地となった。永正八年(1511)には、丹波に逃れていた足利義尹(よしただ)が細川高国らとこの岡に足利澄元・細川政賢を攻めて京都を奪回した。碑は、船岡山の北側の中腹にある。

 「この城(舟岡山)を支えよ」との(勝元の)上意であったが、成真院が、「利を得て利を失うことになりましょう。当陣から支えるためには、紫野と今宮の二か所に、連絡のための城が無いと難しいでしょう。ただ打ち捨てられるべきです」と申し上げたので、「もっとも」と捨てられた。

 嵯峨へは宮田備後守を初めとする人々が面も振らず切ってかかったので、内藤(貞政。細川の被官で、丹波守護代)は堪えかねて丹波を目指して引き退いた。そして、大江山を砦として、自国の用心に専念した。

 丹波国は武田大膳大夫(信賢)が給わって、四月一日に逸見駿河守、青江、貫科が討ち入った。一郡は細川典厩(持賢)が給わって、同名天竺孫四郎が乱入した。

 ほぼ靡いたところに、但馬から垣屋平右衛門尉(山名の被官)、同出雲守が合力して丹後国富光山寺に陣を取った。武田衆と天竺孫四郎が四方から攻め上ったので、広い山寺のこと、諸陣は討ち散らされてしまった。しかし、平右衛門尉は少しもためらわず、大太刀を取って切ってまわった。天竺と武田が切り崩されて散りぢりになったところを、追い討ちして切り立てた。

 ところが出雲守はそれを知らず、但馬の九日まで退いてしまった。「同名の親類ながらその働きは雲泥万里ほども違う」と、平右衛門尉を誉めない人はいなかった。

 天竺孫四郎が討死したので、右馬頭(細川持賢)は続いて一宮左京亮を下向させた。この国の合戦は、いつ果てるとも知れなかった。


戻る

次へ

インデックスへ戻る