応仁記43

− 後花園院崩御の事 − 

 文明元年(1469)、仙洞(上皇)がにわかに体調をくずされ、二十七日の夜半ごろ崩御された。御年は五十二であった。

 一昨年の九月から主上と上皇は御一緒に室町殿(花の御所)へ御幸された。住み慣れたまう皇居をあわてて出御されたのは夢路のような心地がして、朝夕の鬨の声や矢の音に御肝をつぶされ、ついに再び還幸されることなくこのようなことになってしまった。主上を初めとして摂祿の臣、月卿雲客、後宮三千の后妃は惜しみ奉ること限りなかった。室町殿(義政)の御愁嘆ぶりは、言葉では表せないほどであった。

 そのままにしておくこともできなかったので白雲聖寿寺に移し奉り、僧たちが参上して沙汰し、御葬礼の儀式を営まれたのは哀れなことであった。

 御乱世のため、百官もちりじりになってしまった。

 一条太閤(兼良)は、奈良の故都の跡をたずねて御下向された。御子の関白殿(一条教房)は、兵庫へ御下向された。御孫(一条政房)は、御本所の土佐畑(幡多庄)に御下向された。まるで左遷遠流のようであった。都に住むのをつらく思われ、自ら御下向された御心中はよほどのことであったのであろう。

 公卿・殿上人は、厳子陵(中国、後漢の人。光武帝の学友であったが、仕官をことわり、釣りなどをして隠士で一生を終わった)のように釣りをして過ごせば足を伸ばすと水が冷たく、鄭太尉のように幽棲すれば薪を担いで険しい山を歩かねばならなかった。

 このように一業所感(いちごうしょかん。仏教で、それぞれの人が同じ業によって同じ結果を得ることをいう)の時節に生まれて、つらい目に遭うだろうとすべての人が感じていた。そうでなくても諒闇の折なのに、さらに加わった不幸であった。

 明けて正月三日、悲田院で御葬儀。東山泉湧寺は壊されて無かったので、元応寺の長老の恵仁が〓炬の御役であった。准后は白雲から御藁履で御車の御跡に供奉された。御冥加のほど、ありがたいことであった。

 右京大夫勝元は当管領、赤松次郎政則は当職である。諸家が辻をかため、とりわけ浦上美作守則宗は所司代だったので厳重に御警固申し上げた。

 本堂のうしろから一町ほど、僧衆が威儀を正して御迎えに参り、静かに声を引いて浄土の讃を唱え、堂中に御車を寄せて御龕玉(死人を納める輿)を降ろしまいらせて仏前にかき居まいらせ、しばらくの御儀式を行った。

 准后は、本堂の南の御堂と井垣の間に北面してお立ちになり、善の綱を御手に持たせたまう。お通りの時はしばらく蹲踞されたが、御仏事の間はお立ちになっていた。

 井垣の内では、四智讃・十重禁戒などを読まれた。長老下火御仏事の時、西の方から雪が花のように舞い来て、沈香が薫りわたり、霞や煙が立ち上って、弥陀来迎もかくやと思われた。まことに花蔵世界にでもなったのかとあやしまれた。

 ことが終わって准后は還御された。院号は、最初は文徳院と号し奉り、後に後花園院と改めた。


戻る

次へ

インデックスへ戻る