応仁記45

− 今出川殿御上洛の事・その2 − 

 
 そうしたところ、応仁二年(1468)四月九日、今出川殿にすみやかに御上洛されるようにとの勅書が届いた。御内書もたびたび届けられた。

 そこで、国司に短歌を送られた。

秋のはの  そよぐあらしにさそはれて 露の命は
おしまねど 秋かそのかみのためをのみ 思うこころに
すみなれし 都のうちを  いでそめて 伊勢の浦はの
人なみに  よるべきかげをたのみつつ うつる月日の
ほどもなく 秋はて春も  うちくれぬ かくていつまで
あらいその もくづや塵の 身なりとも 偽りなきを
あはれめと 神にまかせて おきふしに いのるしるしも
かひありて かたじけなくもここのへの 雲のうへなる
於々きみの 勅をかふむる うれしさよ をろかなるをも
なげくぞよ 上にも下の  したがはで 心のままに
乱す時代を

 贈答 十三日              前中納言教具

世の中よ  秋のなかばの すえつかた めしにしたがひ
かくらくの 初瀬の山の  山ぎはに  いざよふ雲の
立ちかへり おなじ仰せの おもけれは すえもいやしき
谷の戸の  杣のかり屋の やごとなき 君がおましと
さだめつつ 黄葉の門の  秋もすぎ  桃の園生の
春もくれ  おさまる事は 夏引の   いともくるしき
身となりぬ しかはあれども雲の上に  きこへあけつつ
見ことのり かたじけなさのうれしさを つつまん袖は
程もなし  我にもあらず もものふの うつしこころは
たけなはの へぬべき年も おしまれぬ 露のいのちを
たてまつり 我浜萩や   和歌の松  ふたつの道の
家のかせ  吹きつたへつつ御世につかへん

松風にいかヽはたへんかるかやの しどろもどろに乱れあふとも

 同日午の刻(正午頃)、丹生を出られ、未の刻(午後2時頃)、平尾に御着きになった。栗毛・鴾毛(つきげ。葦毛のやや赤みを帯びたもの)の御馬と御内書、ならびに、勝元、政長、政則一味の連署が参着した。伊勢・伊賀両国の国人がことごとく伺候した。

 五月四日、須可の積善寺に御成りになった。

 同十三日、聖護院の道具が熊野那智籠もりの三年の御結願があって参上され、土岐・世保が上意に違背したことを国司に仰せ出された。異議なく御退治することになった。

 同二十六日、須可から木造庄北山の東明寺へ御成りになった。

 同十日、美濃国斎藤持是院妙椿が青毛の御馬を進上。

 同十八日、世保を退治するため、国司は木造まで進発。同二十八日、北方柳若松で矢合わせがあった。

 二十五日、小山で関・賀太が参上。

 二十六日、国司が栗真庄の白子へ着陣。

 同二十八日、世保の本城、上箕田、林崎、ならびに、外城の柳若松を同時に攻め落とされた。

 同二十九日、世保の与力の楠原城を落とされた。

 同十一日、勅書と御内書が参着。御使いは聖護院殿である。

 十七日、岩田の円明寺に御成り。

 二十五日、長野へ御成り。御先打ちは畠山式部少輔。長野尼道場宝寿寺へ御成り。同日、伊賀・仁木参上。賀太が御一献申し上げた。平野から江州多羅尾の龍泉寺へ御成りになった。

 京都からこのあたりまで参上される人もあったが、敵の近くだったので名のある大名は一人も自分では参上しなかった。勝元は右馬頭を遣わし、赤松次郎(政則)は能登四郎を遣わし、尾張守(畠山政長)は宮内少輔を遣わしてきた。武田治部少輔は自ら参上した。赤松伊豆守(貞村)は三河守を遣わしてきた。

 八日、石山へ御成り。

 十日、三井寺へ御成り。細川宮内少輔と武田大膳大夫(信賢)が浜まで参上した。

 同十一日、北岩蔵を出られ、同十二日、御入京。聖護院が御同道した。


戻る

次へ

インデックスへ戻る