応仁記46

− 洛中大焼けの事・その1 − 

 花洛は名前のとおりの平安城であったのに、はからずも応仁の兵乱によって今や赤土となってしまった。

 なかでも禁裏紫宸となるのは仙洞である。今の伏見殿がこれである。高宮は雲のごとくそびえ、複道行空。五歩に一楼、十歩に一閣。出入りする墨客は心を留めない者はいなかった。

 最近、西芳寺の風景を移され、山には楊梅桃李の名花を植え、鯨鯢(けいげい。鯨の雄と雌)龍鳳怪石を立て、友を求める鴛鴦(おしどり)は水鏡を愛で、花をもてあそぶ淑女は雪絃をかなでて、淑蘭が煙って綺羅の艶は四方に薫り、粧いは九天にひるがえって、まさに秦の安房宮もこれには及ばないだろうと思われた。

室町殿の庭石  また、花の御所の甍(いらか)には、磨いた珠玉や金銀をちりばめて、その費用は六十万緡(緡(さし)は穴あき銭を通してまとめておく紐のこと。転じて、「百文」のこと。六十万緡は、六千万文=六万貫に相当する)もかけたものなので、浅智の筆では表現のしようがない。

 写真は、花の御所(室町殿)の庭石(京都市上京区)。花の御所の庭園跡から発掘され、発掘されたのと同じ場所に据えられている。

 高倉の御所には、大樹義政公の御母と御台所がお住みになっていた。これも、腰障子一間に万銭を費やしたという。その厳麗は、これをもって推測できよう。

 東には烏丸殿があった。これも慈照院殿(足利義政)が幼少の時にお建てになったところで、その美麗さはなかなか言葉では表すことができない。

 三条殿は、かつて贈大相国義教公の北の政所、藤原の御実家だったので、巧妙な匠が術を尽くして造営したものだった。日野・広橋も、当元帥室町殿(足利義政)の御外戚で、どちらも珠玉を散りばめたものであった。

 妙(たえ)なる公家の御所をあげると、近衛、一条、鷹司、久我、徳大寺、花山院、洞院、菊亭、西園寺、転法輪の御門家をはじめとして、冷泉、飛鳥井、四条、世尊寺、甘露寺、清水谷、中ノ御門、薮、庭田、中山、高築、園、坊城、万里ノ小路、山科、および、菅家の人の殿宇である。

 そのほか、医陰両道、外記、官務にいたるまで、およそ二百か所あまりが四足棟門(二本の主柱の前後にそれぞれ二本の副柱がある門)を建て並べ、桧皮の屋敷であった。

 また、二条殿では驪山(りざん。長安の東北にあり、唐の玄宗が離宮を建てて温泉宮とし、のち華清宮と改めた)の昔をまね、温泉臨、華清宮、四季おりおりに詩歌が詠まれた。

 大名の家作は、吉良、石橋、渋川などはまず措いて、武衛(斯波)、細川、畠山、山名、一色、六角は上土門(あげつちもん。平安時代、屋上を平らにして土をあげておおった門。後世には、土の代わりに檜皮(ひわだ)などを用いて同じ形にしたものもある)を立てていた。

 また、冠木門(かぶきもん。二本の柱の上部に冠木を貫き渡し、屋根をかけた門)の武士の家は、讃州、相模、土岐、京極、能登・美作両大夫、備中の守護、因幡守護、和泉両守護、淡路守護、大館、富樫、伊勢、武田大膳大夫、甲斐・織田、畠山家中では播磨守、中務少輔、遊佐。細川方では、右馬頭、下野守、仁木の一族の五郎少輔と葦原、京極家中の加賀守、黒田であった。また、土岐の元には池尻。

 その他、奉行頭人と奉公外様の大名の家々のつくりを記そうとすれば際限が無い。薬医平門(二本の柱を立て、屋根が切妻破風造りの門)の大名まで数えれば、およそ六七千軒はあろうと思われた。

 ここに記した中には、取葺(とりぶき。屋根に板を並べ、風で飛ばないように石や丸太、竹などでおさえた屋根)はひとつも無い。

 


戻る

次へ

インデックスへ戻る