応仁記48

− 義視西陣へ御出の事 − 

 不思議な噂があった。

 何者が言い出したのか、「『勝元は内々に今出川殿(足利義視)を取り立て申し上げる所存のようです』と公方様(足利義政)に伝える者があって、(公方様は)山名の陣へ忍んで御出になる御覚悟を決められた」と、しきりに噂された。

 勝元はおおいに仰天して、夜は終夜、昼は終日思案して、「今出川殿様(足利義視)を敵陣へやれば、御所様(足利義政)は御安座されるであろう」と、考えた。武田と相談して、(義視を)まず西蔵口から比叡山へ登らせたてまつった。

 十一月十三日の夜、篠を突くように寒雨が降る中を御出立された。その御辛労は、なかなか言葉では表せない。

 すると、勝元が考えたとおり、山上に御座されていることを山名金吾(持豊)が聞き付けて(足利義視を招き)、同二十五日、勘解由小路の武衛(斯波義廉)の館にお成りになった。金吾一味の大名どもが我も我もと御馬・御太刀を進上したので、人々は目をおどろかせた。

 同二十六日、御台所様が通玄寺殿からお成りになった。若公様(足利義尚)は、武田(信賢)が預かり申し上げた。

 応仁三年(1469)正月八日、金吾一味の大名が御馬・御太刀を進上した。

山名宗全邸址山名町 同三月十六日夜、勝元方が芝薬師へ討ち入って焼き立てた。すでに山名殿の厩の前まで切って入ったが、金吾(山名持豊)は赤糸の朱実の具足を着けて、老体ながら身も軽やかに庭前に踊り出て、「人は無きか。者ども切って出よ」と、言われた。

 写真左は、山名宗全(持豊)邸跡に建てられた「山名宗全邸址」の碑。碑のあるところ(京都市上京区堀川通上立売下ル西入)には、山名町という町名が残っている(写真右)。
 このあたり一帯は、応仁の乱の際に西軍(山名方)の陣があったことから「西陣」と通称されている。

 そこで摂津守入道父子三人が渡り合い、さんざんに切ってまわったので、勝元の被官の安富紀四郎、甲須〓を初めとする屈強の兵十人あまりが斬り伏せられた。引き入れた部木・布土の両人も、夜討ちをかけて攻め入った者たちと共に、ようやく引き上げて遁走した。

 同十四日、大内新介が左京大夫に任じられた。

 同十四日、金吾(山名持豊)邸に御成り申された。一色兵部少輔(義遠)が御剣の役、同五郎(政氏)、同伊予守、畠山播磨守、同中務少輔、赤松伊豆次郎(政則)、同有馬右馬助、富樫又次郎(家延)、伊勢備中守が御供である。御走衆は、三吉式部大輔、熊谷次郎左衛門尉、二松三郎、小坂孫四郎、中嶋次郎左衛門尉、利倉式部丞らである。後陣は、一色左京大夫(義直)が軍勢を率いて参上された。


戻る

次へ

インデックスへ戻る