応仁記49

− 五壇法の事・その1 − 

 そうしたところ、細川右京大夫勝元がしきりに言われたため、御敵調伏のために五壇の法を行われることになった。

 承平の平将門退治の時、東山五大堂建立の草創である。この法の奇特によって将門の鉄身もその甲斐なく、俵藤太秀郷に砕かれて討ち取られた。

 御当家においては、左大臣義教公(足利義教)が鎌倉持氏(鎌倉公方足利持氏)を退治する時、かの御堂が廃壊して月が常住の灯火となり、霧が不断の香となって年久しかったのを再興し、五大明王を彩色して、承平の例にまかせてこの法をおこなった。そうしたところ、たやすく持氏は命を落とし、御子息の春王殿・安王殿を虜(とりこ)にしたてまつって、濃州垂井の道場で失いたてまつることができた。

 今こそこの法を執り行うべきである、ということになったものの、御堂は敵陣だったので力およばず、室町殿の唐門と四足門の間に新造して、青蓮院、妙法院、三宝院、聖護院、南都の門跡から一人ずつ出されて五壇の法をおこなわれた。

 中壇について叡山の座主と三宝院との間で相論となったが、座主が執行されたとうけたまわっている。中壇の次は、西方の大威徳の法が行われたという。

 このような法の験徳であろうか、果たして山名・一色が参上され、畠山右衛門佐(義就)は下向し、大内新介は降参した。武衛と土岐は下国して、ついに洛中は静謐となり、御所様はおよろこびになった。


戻る

次へ

インデックスへ戻る