応仁記50

− 五壇法の事・その2 − 

 文明元年(1469)五月、多賀豊後守が、江州から猛勢で東山如意ヶ嶽に陣を取った。下京めざして攻め下り、建仁寺大路を初めとして通路を遮断した。毎日発向して江州への通路が塞がれたので、商売ができるように出陣されると思われた。そこに、六角亀寿丸が蜂起したため、多賀豊後は如意ヶ嶽を退いて江州に下った。

 それでは鷺の森の通路を確保せよと、武田大膳大夫(信賢)に仰せ付けて、北白川に城郭をこしらえて在城させた。こうして、坂本の商売の商売は鷺の森を経由して煩いなくおこなえるようになった。

 しかし、それさえ比叡山の訴訟でたびたび塞がれたので、長坂から賀茂へ下り、御霊口を通って運送することもあり、遠国からの運送物は賀茂と御霊の間で奪われることもあった。

 周防では大内新介の留守の間に、二尾加賀守という者が新介の伯父の道頓という者を執り立てて自立した。筑前の国へは少弐が乱入した。

 二尾加賀守の子の十郎と同七郎の兄弟が在京していたが、国から申しよこした子細があって、ある夜、浦上美作守の手の者が相国寺仏殿の焼け跡の草の中に伏せて待っていたところ、約束のとおり兄弟が二百人あまりを連れて現れた。そこで、勝元(細川勝元)と政則(赤松政則)が対面して、奉書申沙汰して下された。

 摂津国の池田筑後守と同遠江守は大内が上洛した時に大内に降参したが、現在の守護代の薬師寺与一が申し入れたため(細川方に)帰参した。

 これによって大内衆が取り巻いて攻め立てているとの知らせが入り、勝元から合力すると申され、これによって赤松(政則)が安丸河内守光綱を差し下し、寄せ手の手薄なところから城中に入った。

 昼も夜も合戦が続いたが、山名弾正是豊が備後国の宮下野守を遣わしてことごとく討ち従え、兵庫へ討ち入った。

 播磨からは赤松下野守政秀、宇野越前守則高、小寺兵衛尉則識、明石道祖鶴丸を初めとする面々が、神尾十林寺、武庫山仁定寺に陣を取った。


戻る

次へ

インデックスへ戻る