応仁記51

− 一条政房卿御最後の事 − 

 ここに、哀れで浅ましいことがあった。

 同十月七日、一条太閤(兼良)の御孫、政房卿は御本領の兵庫におわした。いつもの御装束のまま直衣狩衣の優美な御姿で、いかなる荒夷であってもこのようなやんごとない御有様はわかりそうなものであったが、何もわからず敵とでも思ったのか、長槍で御心もとを突き通し奉った。

 少しも抵抗されず、「南無西方極楽世界阿弥陀仏」と唱え、そのまま朝の露と消えさせられた。関白などがこのようなことになった例は、これまでほとんど無い。

 後日、太閤は奈良でこのことを聞こし召されたが、そのお嘆きぶりは、なかなか文章では書き表せない。

 あまりのことに、次のようにあそばされた。

とても死ぬる命をいかで武士(もののふ)の 家にむまれぬ事ぞくやしき


戻る

次へ

インデックスへ戻る