応仁記52

− 近江越前のいくさの事 − 

 文明三年(1471)正月二十三日、近江南都の大将六角高頼が蜂起して、攻め上ろうと打ち立ったので、北都の京極方が馳せ向かった。加勢として細川讃州(成之)、同泉守護、河内衆、遊佐、大和、十市が馳せ向かって合戦したので六角方は利を得られず、山内三郎以下多数の者が討たれて、高頼以下、甲賀山に引き籠もった。

 高頼の老臣、佐々木新左衛門尉入道勝綱が威徳院にいたが、敵が押し寄せると聞いて美濃部と和田が馳せて来て、「ひとまず落ちてください」と、勧めた。しかし、「我、すでに衰老して余命ひさしからず。ここで自害して高頼を落とそう」と言って、腹を十文字に切って亡くなった。

 また、越州には武衛(斯波)義敏が下向した。山名方の甲斐八郎(甲斐常治)は、土橋城に籠もった。するとどうしたことか義敏も土橋城に籠もられた。

 その頃、朝倉父子(朝倉孝景・氏景父子)が在国していたので、追罰して国を治めるようにとの御教書を下された。

左兵衛佐義敏移住敵城越前国土橋要害之由聞召候之条、可退之旨遣内書畢。彼一身之事、無為無事様一段可廻計略候。巨細猶貞宗可申候也。
     九月十九日           御判
    朝倉弾正左衛門殿

仰朝倉弾正左衛門尉教景子細候。雖合戦初候、其手不可有出張之由被仰出候。対二宮将監可有計略候。恐惶謹言
     九月廿一日           義政
    左兵衛佐殿

朝倉氏館孝景墓 その後、同殿の下樋田口の合戦で、教景父子(朝倉孝景・氏景父子。「教景」は、孝景の初名)は粉骨を尽くして甲斐の八郎を攻め落とし、甲斐は江州海津辺へ没落した。

 写真は一乗谷朝倉氏館跡(写真左)と、同所にある朝倉孝景の墓(写真右)。
 朝倉孝景は、応仁の乱では斯波義廉を奉じて西軍の山名方に荷担し、斯波義敏の越前侵入を妨げた。しかし、細川勝元から越前守護の約束を取り付けて、文明三年(1471)東軍方となった。これは、孝景と結んで斯波義廉を奉じていた甲斐常治が、斯波義敏と結んで孝景を排除しようとしたことも原因のひとつであった。孝景は、子の氏景に「朝倉孝景十七箇条」と呼ばれる有名な家訓を残している。

 また、斯波の一族の千福中務入道増源と甲斐法花院が一揆を催して再び蜂起したが、朝倉教景(孝景)とその弟の慈眼院、同修理亮らが松山城を攻め落とし、御敵六十人あまりを討ち取った。

 波若山と岡保合戦に勝利して、千福増源、法花院も討ち取ったので、朝倉父子兄弟の莫大な勲功を賞して、文明三年(1471)五月二十一日、教景(孝景)に越前の守護職をたまわった。


戻る

次へ

インデックスへ戻る