応仁記53

− 山崎天王寺合戦の事 − 

 さて、山名弾正忠(是豊。持豊の子だが細川方に加わっていた)は兵庫から山崎へ攻め上り、天王山を山城にして上下を守って淀、鳥羽、八幡を支えておられた。

 そこで、畠山右衛門佐(義就。山名方)は西岡の勝蔵寺(勝龍寺の誤り?)を陣城に構え、大内(政弘)は上山城の柏(一書に狛)というところを城郭として屈強の者どもを置いた。大内(政弘)は大和も唐も掌(たなごころ)の内に握るほどの名将で、山城の柏の民草を撫子のように愛でたので、その徳風になびかぬ者はいなかった。

 そうするうち、宮田備後守が山内新左衛門尉の館に入って蜂起したとの急な知らせが入り、山名是豊は備後国に下向したいと京都にしきりに申し出た。そこで、「今また山崎に寄せられては良くないことになろう」との評定があり、「赤松次郎政則の三か国衆に番替えを申し付けよ」との上意があった。

 「この陣は固く守っていて攻めるのは難儀です」と再三辞退したものの、「元弘の乱の時に先祖の入道円心(赤松則村)が播磨から播州摩耶山に攻め上り、数度の戦いに勝利してそのまま山崎に攻め上り、先代名越尾張守を討ち取り、六波羅を攻め落とした目出度い吉例であるから辞退申すべからず」との勝元と政長の意見があり、赤松は了承した。こうして山名弾正忠を下向させた。

 ある時、下野守政秀、宇野上野入道、浦上美作守が在番していた文明四年(1472)八月二日の夜、畠山右衛門佐(義就。山名方)が勝龍寺から兵を選りすぐり、山崎天王山に夜討ちをかけた。案内者の手引きで忍び入ったのを気付くのが遅れ、十二人が討死して、生け捕りになった者も多かった。そこで、下野守と浦上の手の者どもは五位川口へ引き退いた。

 ところが、下野守も上野入道も美作守も少しも騒がなかった。美作守が、「この山の下で腹を切ろう。井上は無きか。井尻は無きか」と言ったので、井上治部丞、井尻左衛門太郎が、「これにあり」と、進み出た。

 「この城の後ろには、攻め上ることのできる間道はあるか」と言うと、「あります。案内いたしましょう」と言った。帯びていた太刀を解いて井上に遣わし、井尻には差していた刀をやって、「さすが伊豆殿譜代奉公の人は頼もしい」と言うと、両人を先に立てて枚を含んで繁みの中を忍び上った。

 城衆はそれぞれの上り口を守っていたものの、城内にはいまだ無案内であった。あまつさえ払暁のことだったので、秋の霧が深かった。〓尺の中も知らなかったので、足軽どもが塀を乗り越えて鬨の声をあげると逃げる者が数知れなかった。戦おうとするわずかな者を討ち取ると、勝鬨をあげて陣を取った。

 「希代の高名」と人々は言い合い、御感は比類無かったとうけたまわっている。


戻る

次へ


インデックスへ戻る