新田老談記の舞台

 新田老談記に登場する主要な戦国大名(小名?)の居城を赤い凸で表してあります。

 新田老談記は緊密な同盟を結んだ新田由良氏、足利長尾氏、小俣渋川氏の三者が、近くの桐生氏や佐野氏と抗争しつつ、上野国の中央部に進出した上杉謙信や、武蔵国に進出した北条氏と対立したり御機嫌を取ったりしながら、何とか領地を守って行こうとする物語です。

 内政に失敗すると没落。外交に失敗しても没落。へたに近くの城の城主を討ち取ると、その向こうの大大名に睨まれて、これまた没落、というシビアな戦国時代が描かれています。


戻る