新田老談記1

− 関東管領上杉憲政の没落 − 

平井城址 以前は、関東八ヶ国は管領上杉憲政(のりまさ)公の御支配で、平井城(群馬県藤岡市西平井)に大名・小名が毎日出仕往来し、平井城は門外に馬を置く場所もないほどのにぎわいであった。

(写真は、最近復元された平井城本丸跡の土塁。平井城は、永享十年(1438)から天文二十年(1551)まで、関東管領山内上杉氏の上州における拠点として栄えた。)

 また、今川家、結城晴朝、北条氏政、新田一族、太田道潅、佐竹義信、那須一族、武田信玄、越後の謙信、その他近国の小名まで、それぞれの家の面目を失うまいと領地の境界を警備して、一族・家人や民を憐れみ、仁義を守って目上を敬い、仏神を祭って、いつの御代よりも良い時代であった。

 ところが、最近は大小名、上下共に心に奢りが生じて乱れに備えることを忘れ、また、それぞれの家の系図を自慢して、年頭や節句の礼の順を諍い、そこを恨むかと思うとこちらに不足を感じるといった具合である。

 年頭の挨拶も省略して互いに疎遠になり、家来や百姓が領地から逃げ出しても対策を取らず、領地の境界もきちんと決めようとしない。国主や代官が腹を立てても構わず、憲政公から出された法令にも背いて、心の底に奢りを隠しながら高い位に連なっている。わがままな世の中になってしまった。

 中でも北条氏政は大きな領地を持つ大名だったので、憲政公に背いて領地を掠め取り、ややもすれば出仕せず、龍若供養塔わずかな誤解があってもそれを理由に憲政公に背き、ついには川越で夜戦を決行し、深谷の御座所から追放してしまった。氏政は憲政公の御家人の多くを討ち滅ぼし、忍、深谷、松山までも兵を出し、小田原の支配の地にしてしまった。

 憲政公はなすすべもなく、謙信公を頼ってしばらく越後に引き退かれることとなった。

(写真は、上杉憲政の子、龍若の供養塔。龍若は平井城から逃れる際に北条軍に捕らえられ、斬られた。)

 それ以後、氏政は麓辺の小名を掠めて出仕させ、その威勢は日毎に増し、月を重ねると共に強大になっていった。この時に至って、山中の小名や寺社の面々も、にわかに氏政に出仕を願い、音信をもよおし、小田原と行き来しない日はないほどであった。

 氏政公としては、遠国の大名はどうでもよかったが、近国の小名で自分になびかない者がいるのが気がかりであった。甲州、越州、江戸、結城については出馬の5日前に沙汰をするようにしてあり、備えのある敵は恐れるに足らなかったが、念のために武蔵国寄居の城に北条安房守を差し置いた。それだけでは心許ないと、三百騎の加勢をつかわして梅沢八幡宮の前に新しく関を設け、山の上には遠見の番を置き、厳しく用心していた。

 しかし、憲政公が敗れて退いた後は、近隣の小名はみな思い思いの大名に出仕するようになり、氏政公の旗下に入ることを願う者も多かった。

次へ 次へ


新田老談記インデックスへ