新田老談記2

− 上杉謙信と上野・下野の国人たち −

太田金山城址からの眺望 そのような中にあって、新田金山の城主(由良氏)、足利の城主(長尾氏)、館林の勢、および、小俣の城主(渋川氏)、佐野の城主宗綱、以上の五人衆だけは、誰の旗下にも入らなかった。

(写真は、由良氏の居城、太田金山城からの関東平野の眺望。太田金山城は文明元年(1469)に岩松家純によって築城された。その後、家宰の横瀬氏が主家を圧倒して実権を奪い、横瀬氏は由良と改名した。現在、太田金山城の発掘調査が進められており、この壮大な山城の全貌が明らかにされつつある。)

 足利、佐野、桐生の領地は入り組んでいるため、四五年前までは境界争いが頻繁にあり、夏になると苗を踏み倒し、作物を薙ぎ倒し合うのが常であった。そのため、境界に近い村里では寄居を構え、出城をあつらえ、物見番の侍に歩弓人を添え、近隣の百姓が集まって、国主や代官の下知を待たずに濫妨狼藉を防いでいた。

 北条氏政公も武州や西上州にはたびたび出馬されたものの、新田、足利、館林のあたりまでは馬を進めたことはなかった。また、甲州の信玄公も碓氷峠を越えたことは無かった。

 そこに、越後の謙信公が、武州松山、厩橋(現・前橋)まで乗っ取った勢いで新田・桐生・館林をも攻めようと、奥沢山の峰に陣場をあつらえ、まず那波、伊勢崎を攻めようと増田主税之助を大将として二百余騎で押し寄せた。ところが、敵は皆逃げ散って誰もいなくなっていたため、濫妨狼藉を思いのままにして帰って行った。

 成田城(忍城。埼玉県行田市)も水攻めにしようと御用意されたが、左衛門(成田長泰)が聞き付けてすぐに和談を願ったので、それをお受け入れになった。

 謙信公はどのように思し召したのか、新田、館林はお攻めになるべき御沙汰は無かった。しかしながら、東上州の境界を御巡見になると言って、佐野犬伏へ馬をお進めになった。

 謙信公は、敵の城下でも恐れず通過されるのが常であった。

 先年、深谷にお越しの折も謙信公は案内もなく御巡見されたが、それを見て、小幡、箕輪、鷹巣の者共(国峰城の小幡尾張守、箕輪城の長野業政、鷹巣城の小幡三河守)が境界に馬を進め、駆け合わそうとしたことがあった。しかし、謙信公の勢いを見て野心も失せ、そのまま引き退いた。その際、上泉伊勢守(剣豪として有名。後に新陰流の開祖となる)は油断していたため、ことのほか後れを取り、ようやくのことで引き退くことができた。


前へ

次へ