新田老談記3

− 上杉謙信の新田侵入・その1 − 

 さて、謙信公は下野国へお通りになる途中、佐野・桐生の道筋の山々を御見物のため、鹿田山(群馬県新田郡笠懸町鹿)の峰で御弁当をお取りになり、広沢・境野の原を通って足利八幡へ向かった。

茶臼山 二千騎余りの人数が、あとになり先になり押し進んだが、案内を知らない細道だったため、左右の山すその田畑を踏みつけ、狼藉限りなかった。

 その折、茶臼山寄居(群馬県桐生市広沢町)の物見の番頭として金井太左衛門という者が在番しており、この者が、謙信公がお通りになると聞いて雨沼のあたりに出て遠見していた。

(写真は茶臼山。新田勢の寄居(小規模な砦)がこの山に設置されていた。前橋方面から新田に向かう時に、最初に目に入る丘陵が茶臼山である。)

 謙信公の先陣の侍がこれを見つけて、走り寄って言った。

「これは何者。大軍を恐れず馬上にいるところをみると、近国の使者か。無礼至極なり。」

 太左衛門はこれを聞いて、言った。

「さては越後の国主殿のお通りでございますか。それがしは新田の家人、金井太左衛門と申し、この山の在番をつかまつっている者です。ここから足利までは由良長尾一家の支配の地でございますから、御家人、外様の面々が狼藉せぬよう申し渡していただきたい。」

上杉謙信 先陣の者共がこれを聞いて御大将に言上したところ、謙信公は機嫌のよい折だったので大笑され、

「我らの矛先をも恐れぬ無礼千万なやつめ。不届きな男だ。不憫ではあるが、このままにしておくと今後ますます無礼者が多くなるであろう。新田・足利からわざとたわけた男をつかわして慮外をさせ、謙信がどのような者か試そうとしているのであろう。先手の歩弓人に申しつけ、一人も逃さないようにせよ。また、寄居の番所も撫で切りにして通れ」と、仰せになった。

(左の絵は、月岡芳年『本朝勇武三十六撰』より、「弾正少弼上杉謙信入道輝虎」。)

 謙信公の仰せをうけたまわって、先陣の歩弓人が我先に押し進んで人々を追い払った。

 太左衛門はこの様子を見て馬に乗って逃げ延びようとしたが、神明の森の町田屋敷の前で大勢に取り囲まれ、立ち腹を切って死んだ。

 そこに太左衛門の寄騎の野村源七郎と梅田半九郎が引き返して来て、「今こそ討ち死にすべき時節が到来したようだ。引くなっ」と言いながら、二人で火花を散らして敵と斬り結んだ。梅田と野村の手にかかり、敵十三人までが斬られた。

 梅田と野村は大勢に傷を負わせ、両人はまったく傷を負わないまま、互いに目と目をきっと見合わせ、寄居の番所に退いて、まず、妻子、年寄、子供を山の奥の谷に逃した。それから番所の峰に登って様子を見たところ、敵は寄居の城内に乱入して濫妨狼藉の限りをつくしていた。

 近隣の百姓、坊主、山伏たちが竹槍や棒を取って騒いだが、懸け合わすでもなく、我先に逃げ去ってようやく命をながらえた。当番の面々で討って出た人々は、七八十人が撫で斬りにされてしまった。

 番所の峰で銅鑼や鐘を叩き、ほら貝を吹き鳴らし、直ちに新田へ使者を送って知らせたので、由良信濃守殿も驚かれ、各所の番所に触れ回って早鐘を突き、近隣の人数に召集をかけた。

 謙信公も新田の早鐘の音を聞いて驚き、先手の小荷駄にまぎれて急いで渡良瀬川を渡り、佐野・足利の境にある岡崎山(栃木県足利市寺岡町)で残りの軍勢の到着を待った。


前へ

新田老談記インデックスへ

次へ