新田老談記4

− 上杉謙信の新田侵入・その2 − 

 新田殿(由良信濃守成繁)は、金谷因幡守と横瀬勘九郎殿(由良御舎弟)を召して仰せになった。

「このたび謙信は、野州の東方を見物して佐野宗綱のもとを訪ねるとばかり聞き及んでいたが、広沢の番所(茶臼山の寄居)に置いた者共を蹴散らし、狼藉の上に撫で斬りにして通るとは、新田・足利の心底を伺うつもりであろうか。それとも、番所の者共が慮外の事をしでかしたのであろうか。いずれにしろ、これほどの狼藉者をそのままにしておいては、家の面目、敵の思うところ、民百姓にいたるまで恥ずかしい事である。さっそく筒胡、市場、八幡に人数を出して敵の様子を探れ。小俣や足利でも狼藉を働けば、前後左右から押し寄せて、謙信を討ち取ることになろう。」

 さらに館林へは、足の速い馬を選んで堀越十郎左衛門を使者として送った。顕長公(足利長尾氏。実は由良国繁の実弟であるが、足利の長尾景長の養子となり足利長尾家の当主となっていた)も驚かれ、早鐘や太鼓を打たせて近隣の勢を召集し、上を下への大騒ぎになった。

 金山城では加勢の人数を揃え、吉沢、丸山の峰に遠見番を置き、道や橋の普請をさせて、味方に都合のよい難所を構えて敵を迷わすことができるようにし、鳴りをひそめて静まり返っていた。

 神明南馬場の前後や焼山の麓に走り集まった勢は数を知れず、謙信の軍勢を一人も逃さず、討ち洩らすはずも無いばかりのありさまであった。

 彦間や桐生から集まった勢は、謙信方に心を寄せる者もあるかもしれない。はからずも新田勢が敗軍に及ぶこともあろうが、親類や友人であろうとも心を許すことはできない。笑いのうちに刀を研ぐのは珍しくないことである。

 渡良瀬川の瀬には逆茂木を入れ、用心厳しく守りを固めた。

 広沢寄居を濫妨狼藉した越後勢の先陣は、その日の申の刻(午後4時頃)、山川の前原で前後の勢を集め、青龍の備えを取って道中の難所で馬の足を休め、そこで侍や歩弓人に至るまで会合して、二千騎余りの勢になって謙信の待つ岡崎山に到着した。

 謙信公は軍勢の到着を見てお喜びになり、二千騎余りを率いて佐野の城へ急いだ。

 由良殿は明神の前まで御出馬になり、諸大将、諸物頭の面々に下知をくだしていたが、そこに足利から、「謙信は既に佐野へ向かった」と知らせて来た。由良殿はそれをお聞きになると、「口惜しき事かな」と言って御馬を召して引き返された。

 足利勢も新田の早鐘の音に驚いて軍勢を揃え、弓、鉄砲を準備して待っていたが、謙信公は今朝辰の刻(午前8時頃)に小荷駄にまぎれて六七十騎で岡崎山に向かったと聞き、「口惜しき事かな。謙信が小荷駄にまぎれているとわかったら、足利勢だけでも安々と討ち取れたものを。籠の鳥を逃し、梁の魚を取り逃したような心地だ」と言って、奥歯を噛み鳴らして口惜しがった。


前へ

次へ