新田老談記5

− 上杉謙信との和睦 − 

 謙信公は岡崎山に馬を止めて残りの勢を待っていたが、しばらくして軍勢が揃ったので、諸大将に向かって仰せになった。

「新田・足利は謙信の矛先に驚き、早鐘を突いて近隣の者まで皆騒いでいる。由良・長尾が出て来たら後陣の備えを立て直し、無二無三の合戦を行うべし。その陣に、桐生、佐野、前橋から軍勢を招き寄せ、新田・足利は言うに及ばず、館林まで攻め込もうと思う」

 諸物頭はそれをうけたまわって、「攻め込んで思いのままに濫妨狼藉を行い、越後の軍勢の矛先を見せてやりたい」と申し上げたので、謙信は御機嫌斜めならぬ様子だった。

 そこに、佐野の家来の赤見、皆川、富士源太夫、広秡、竹沢がお迎えとして警護のために到着した。宗綱公も羽左間山のあたりまでおいでになった。謙信公は宗綱公と御対面になって喜ばれ、さっそく佐野の本城(唐沢山城。佐野市富士町・安蘇郡田沼町栃本)にお入りになった。そこに四五日逗留あそばされ、虎松殿(佐野宗綱の末弟)を御所望になり、越後に御同道された。

 新田金山城では野村源七郎と梅田半九郎を召して今度の事件の初めから終わりまでをお尋ねになり、詳細を聞かれて、「太左衛門が謙信の軍勢に言ったことは、謙信ほどの大将には慮外千万の申し分であった」と仰せになり、両人に永楽銭を五貫文ずつ御褒美として下されて広沢番所を仰せ付けになった。

 由良殿、長尾殿も小田原の氏政公のお取り成しがあったので、越後の謙信と和談あそばされた。それで、折にふれて使者を遣わし合うことになった。

 謙信公は前橋に御逗留の際に女淵の城(群馬県勢多郡粕川村女淵西原・殿原)をお攻めになって落城させたあとは、長尾殿に城を預け、城代に足利から新井図書を置くことになった。

 謙信公は、北条氏康公が武州川越まで御出馬されると聞いて、館林に出馬されたあと、羽生、飯野の城を撫で切りにしてお通りになった。成田勢と深谷勢は秋元越中守と岡部加賀守を大将として謙信を捕らえようと、大軍を催して待ちかまえていた。長尾顕長公もこれを聞いて、横槍を構えて様子を見よと仰せになったが、物見番から「氏康公親子は松山から小田原へ御帰陣になった」と知らせて来たので、謙信公は越後へ戻って行った。


前へ

次へ