新田老談記6

− 小俣城の合戦・その1 − 

 下野国小俣(栃木県足利市小俣町)の城主、渋川相模守殿(渋川義勝)の領地は、佐野、桐生の領地と入り組んでいて、百姓たちの間で山や境界に関する争いが絶えなかった。そのため、佐野、桐生と小俣はことのほか仲が悪かった。

 それが謙信の耳に入り、「適当な時に小俣を攻めるように」との内証の御沙汰があった。

 謙信の家老の秋田(荻田)備後守が前橋へ入部する際にそれを言われ、秋田備後守は「これ幸い」と心得て、膳(ぜん)備中守(膳城主、膳宗次)と内談し、元亀三年四月二十日、下菱山、中里山、島山の三方から、突然、小俣の城に押し寄せた。

(写真は、足利市小俣町の城山。この山に小俣城があった。中腹のゴルフ場の駐車場から撮影。道がみつからなくて、登るのは断念しました。)

 ちょうどその時、相模守殿(渋川義勝)は小田原へお越しあそばされて城を留守にしており、御家人や若侍など一騎当千の者たちは相模守殿のお供をしていて城にいなかった。城中や近隣の者も油断していた時だったため、上下ともに驚き騒ぎ、取るものも取りあえず小俣の御屋形に走り集まって評定を始めた。

 評定の席で、まず籾山出羽守が、「越後勢は大軍で攻め寄せて来たため、由良殿と長尾殿が横槍を入れることもできないであろう。その上、籠城の準備もしていない。御留守ということもあり、ここは城を敵に明け渡して人命を失わないようにし、相模守殿が御無事であるからには後日旗をあげて城を取り返すのがよかろう」と、言った。

 人々はそれに同意し、「今回敵と戦うのは、夏の虫が火に入るようなものだ」と、口を揃えて言った。

 その時、城代の石井尊空が顔色を変えて人々に言った。

「戦いの勝敗は人数の多少に依るものではない。運を天にまかせ、義を胸に当て、命を軽んじ、名を四海に広め、子孫末代に名を残すべきだ。たとえ幾千万騎が来るとも恐れる必要はない。

それがしが愚案をめぐらすに、小俣の城を敵が攻めるとは考えられないことだったのに、この城に敵が攻め寄せた。これは、この城を攻めれば新田・足利から後詰めを出すに違いないので、三方の敵を一か所に集めて無二無三に滅ぼそうとの計略であろう。それにしても、向かい城に本意でない勝負を挑むのは、謙信の家の習いと異なっており、不思議なことだ。もしも由良殿と長尾殿が後詰めを出さない場合は、小俣城は城主の相模守殿が留守の上に、残っている一族・家人は小身の者ばかりだから、簡単に城を明け渡すと考えて攻め寄せたのであろう。敵の計略にむざむざと乗るのは口惜しい限りだ。

また、相模守殿が小田原で辛いことになるかもしれない。御先祖の式部大輔義国公から今の相模守義勝公まで何代も続いた家が、一戦にもおよばず城を明け渡したら、渋川の家の者共が人々に後ろ指さされることになって口惜しい事だ。このたびは、死すべき時節が到来したのだと、ただ一筋に思い切り、小勢なりといえどもこの城を枕に討ち死にする以外にあるまい。そうすれば小田原がそれを聞いて相模守殿を御取り立てになり、城主として戻ることもできよう。今我々が臆病なことをすれば、子孫までその根や葉を削ることになり、良くないことになろう。死すべき時に死なないで、いつ益があろうか。

討死を決した者は高く末代に名を残すことができる。日本無双の謙信公の軍勢を引き受けて討死できることは愁いの中の悦びである。尊空一家においては、別儀のある者はいない。もしや臆した者がいるのかっ」

 このように、大きな目を見開いて強い調子で言ったので、集まった一族、寄騎、歩弓人にいたるまで、その義もっともと感じ、静まり返った。


前へ

次へ