新田老談記7

− 小俣城の合戦・その2 − 

 こうして、籾山出羽守、窪澤豊前守、和泉備前守、桑子左近之助、別府、阿戸、小泉を初めとする面々が笛吹坂の前後に集まって、寄せ来る敵を待ち受けた。

 石井尊空、同安芸守、同丹後守、大河土佐守、石渡弥五郎、神内平六、松本小太郎、山本雅楽之助、片岡金五郎、窪田金八郎を初めとする面々は、鶏足寺(けいそくじ)の山の峰に登って前後に備えを出し、石弓を構え、落し穴を掘らせて、登って来る敵を微塵にしようと準備した。

 以上、集まった軍勢は、上下合わせて百五十人にも及ばない小勢であった。

 尊空は人々に向かい、

「城主の御留守といい、小勢のことといい、大軍を引き受けて勝てる戦ではない。しかしながら、仏力・神力を頼み奉って加護をこうむれば、落城はあるまい。さいわい五大尊仏鶏足寺の法力は昔と少しも変わっていないであろう。敵退散の法を行おう」と、言った。鶏足寺と小俣城址

 そこで、鶏足寺(けいそくじ)の住職の俊国法印が、昔の定宥法印に少しも劣らず、ただちに檀を設けて敵退散の秘法を行った。

(小俣の仏手山鶏足寺は、平将門の乱の際に将門調伏の祈祷を行った寺として知られている。写真手前は、鶏足寺の鐘楼。後方の山が城山。)

 ほどなく敵が小俣に乱入し、中島の左右の民家に火をかけて焼き払い、濫妨狼藉の限りを尽くし始めた。

 籾山出羽守は砲を取り、前後左右の小山の上から弓や鉄砲を撃ちかけ、小岩をつぶてにして投げかけた。鬨の声に老人や子供の泣き叫ぶ声がまぎれて、山も崩れるかのような騒ぎだった。

 膳備中守の案内で秋田備後守は搦手に廻り、くらやみ沢から攻め登った。ここには尊空一家と大河土佐守、加藤隼人、桑子左近を大将として、上下七十人ばかりが守っており、「この口を破られては末代までの家名の疵となってしまう」と、火や水のようになって戦った。谷から攻め登る敵は大勢だったので防ぎあぐねたが、矢玉も弾薬もないため、ただ大きな石や丸太を落としかけて防戦した。

 すると、その日の申の下刻(午後4時過ぎ)、突然強風が吹き、大雨が降り始めて、攻め登る敵の正面から吹き付け始め、二時ばかりの間、さながら闇のようになって敵も味方も見えなくなってしまった。その風雨の中で、先頭に立って攻め登って来た膳備中守の一族家人五六十人は、城から落としかけた大岩や丸太の下敷きになって残らず死んでしまった。越後勢はこれを見てかなわないと思ったのか、沢や谷の大きな石のかげや大木のかげに隠れて逃げまどった。

 激しい北風の大嵐だったので、敵味方の馬の色も見えなくなってしまった。敵は谷道の難所を進みかね、かといって上がるべき陣も無く、乗馬の武者は一人も無く、捨てられた馬どもが噛み合い、鳴き合い、心猛き兵も働くべきたよりを失って、暗闇の中を立ち迷った。

 秋田備後守はこれを見て後陣の備えを立て直し、米沢山の麓に退いたが、くらやみ沢の勢は後へ退くこともできず立ちすくんでいた。堀切や谷の下に取り捨てられた弓矢、物の具、死人は数知れず、備後守は残った軍勢をようやく集め、大手口の軍勢と一緒になってあわてて前橋へ引き返して行った。

 この合戦で、越後勢は人馬三百人ばかりを失った。

 秋田備後守は、「膳備中守が敵に欺かれてくらやみ沢から攻め登ったために今回の敗軍に及んだのである。天気をうかがって、今度は正面から押し寄せて攻め落とせ」と諸物頭に向かって申された。それを聞いて、「自分の身のほどを知らない人だ」と、皆ささやきあった。

 このたびの合戦では、小俣勢は大難をのがれた上に、城兵からは一人の死者も出なかった。尊空の忠義の理を守った一族家人の働きを讃えて、近国や他郷の人までが喜悦の眉を開き、「五大尊仏の御威徳は昔と少しも変わっていない。ありがたいことだ」と五大尊仏を拝まない者はいなかった。


前へ

次へ