新田老談記8

− 小俣城の合戦・その3 − 

 この合戦の時、新田金山では由良殿(由良成繁)の御持病が再発したため、老中、御一族が集まり、荻野養意を召して御薬を差し上げていた。そこに小俣から三浦久四郎(渋川義勝家臣)が早馬で到着して、

「突然、思いもかけず、謙信公の御家人の秋田備後守が大軍を催して押し寄せ、膳備中守の案内で境野、三堀の河原に野陣を構えて濫妨狼藉を働いております。相模守殿(渋川義勝)は小田原からまだ御帰城になっておりません。こちらは小勢で、戦うことができません」と、言上した。

 写真は、金山城の主郭部の模式図(群馬県太田市・太田市教育委員会作成の案内板より)

 国繁公(由良成繁の嫡子)はそれを聞こし召して、「ただちに後詰めを出せ。館林にも告げ知らせよ」と言い、上を下への大騒ぎになった。ところが、大雨、大風のために早鐘の音も聞こえず、回状も届きかね、軍勢も揃わず、集まって渡良瀬川の川端に押し寄せた勢がいても、色の変わった濁流を恐れて川を渡れない者もいた。

 その日の申の下刻過ぎ(午後5時頃)に再び小俣からの使者が到着して、

「越後勢は前橋から押し寄せて近辺を狼藉しながら思いのままに乱入して来ました。かねて備えもしていなかったため、いろいろとはかりごとをめぐらして防戦しました。そうしたところ、敵は突然の大雨、大風に攻めあぐんで、備中守とその一族家人は残らず討死いたしました。城は堅固に守られており、人の損害もありません」と、言上した。

 由良殿(成繁)はそれを聞こし召して御喜悦斜めならず、「きっと尊空や土佐守が忠義をもって防戦したのであろう」と言って、小林虎之助を小俣の家老、城代の元へ使者としてつかわし、「このたび新田足利の後詰めの勢が出陣しかねていたところ、面々手勢の働きによって素早く敵を追い散らしたこと、神妙なる事である。そのうえ、味方の勢は損なわなかったとのこと、いよいよもって大きな悦びである」と仰せつかわした。大河土佐守を初めとして籠城した者達は、「ありがたき御使者かな」と喜んだ。

 石井尊空は今回のできごとの詳細を伝えるために金山城に登城したので、御大将が御対面になり、ありがたい御上意の上、いろいろなものを拝領した。

 由良殿(成繁)は膳備中守の討死の様子をお聞きあそばされ、「いくさの方便を知らない若武者だったためであろうか」とお笑いになり、「総じて、大将があまりに強すぎる場合は必ず軍法を損なうものだ」と、御機嫌よく仰せになった。尊空も喜び、いとまごいの挨拶をして宿所に帰って行った。


前へ

次へ