新田老談記9

− 膳城の没落・その1 − 

 渋川相模守殿は小田原から小俣城に御帰城あそばされて、留守中の兵乱の詳細をお聞きになった。

「それは残念至極。秋田備後守をも討ち取れたものを。きっと膳備中守と一緒にいたのであろうが、味方が小勢だったので討ちもらしてしまったのであろう。しかしながら、諸勢の働きは、軍法、方便、各々知謀の働きをし、精を出されたのは前代未聞の働きである」と、喜ばれた。

 上下の者を集めて三日間酒盛りをし、城代や物頭の面々には御褒美をくださり、さっそく金山へ登城されて合戦の物語をされた。

 新田殿(由良成繁)は、「近くで遠慮もあるべきところなのに、このたび膳備中守が案内して越後勢を差し向けたのは、何の意趣があってのことか。さてさて、いわれのない振舞いではありませんか。それで、天命逃れ難く、一族家人と共に骸を野州仏手山の麓にさらすことになったのでしょう。膳城址の石碑さっそく膳の城(群馬県勢多郡粕川村大字膳字大門・城内)へ押し寄せ、死に残った者を討ち取り、追い散らすべきでしょう。新田、足利、小俣の軍勢で攻めれば手間取ることもないでしょう」と、御内談あそばされた。

(写真は、膳城址の石碑。膳氏は、鎌倉時代に代々評定衆・問注所執事だった三善氏の子孫と言われているが、いつごろこの地に土着したのかは不明。)

 義勝公ももっともと思われ、小俣に帰城すると一族家人を招いて内談し、元亀三年六月二十八日、石井安芸守を大将として上下百七十五騎で膳の城に押し寄せた。新田の加勢として、藤生紀伊守、金谷因幡守、増田伊勢守、鳥山伯耆守、木村伊豆守など上下二百騎余りが加わり、足利からは白石豊前守、杉本半七郎、小花源五郎、窪田金七郎、小菅弥太郎、宮崎五太夫、一川主馬之助を大将として上下百五十五人が加わった。

 三か所の軍勢が集まり、「今度のいくさは晴れがましい合戦であるから、親類や友人がいようとも一歩も退かずに手柄をたてよう」と、全員勇んで進軍した。


前へ

次へ