新田老談記10

− 膳城の没落・その2 − 

 さて、膳の城(群馬県勢多郡粕川村大字膳字大門・城内)では、突然のことなので城中に馳せ集まる兵もいなかった。膳城の本丸跡主だった者はこの四月二十日に備中守(膳宗次)と一緒に討死してしまい、残った者は年寄りや子供、病人の類ばかりで、駆け向かって合戦をしようとする者は一人もいなかった。

(写真は、膳城の本丸跡)

 備中守の子の春松はまだ四歳であった。父の宗次が討死したあとは、斎藤右近と鶴貝玄蕃がお守りして、御成長の後は一郡の主にも奉ろうと、謙信公に御目見えさせて安心していたが、このたび思いがけず小俣、足利、新田から軍勢を差し向けられ、そのような計画も潰える時が来たと思われた。

 物頭の面々が集まって内談したが、大将のない評定だったので一向に埒があかなかった。

 野村弾正が、「備中守が討死されたのは若気の至りで、強く働きすぎてのことだった。討って出て無二無三の働きをして一方の敵を打ち破れば、あるいは紀伊守などを討ち取ることもできるかもしれないが、このたびの寄せ手は小俣勢ばかりではない。新田・足利も後詰めしているので、どんなに戦っても味方が勝利できる見込みはない。城を明け渡して越後に退出し、謙信公の御旗下に入れてもらって本望を達するしかあるまい」と言ったため、大将もいない勢のこと、人々は一人、二人と城を出て落ちて行った。

 寄せ手は合戦を望んだが、敵がいないのでは仕方なく、小俣、新田、足利の兵達は難なく城を乗っ取ることができた。

 春松殿は、長島と鶴貝がお供して、まず前橋に立ち退いた。

 ここに哀れだったのは、月日又四郎と斎藤友之助であった。龍玄寺の山林に逃げ込んで、なりを静めて隠れていたが、誰かがそれを見つけて、「ここに良き敵が大勢いるぞ」と言ったため、「一人も逃さぬ」と二重三重に取り囲まれることになった。

 又四郎と友之助は囲まれたのを見て、とても逃れることはできないと覚悟を決め、是非無く討って出て火や水のように戦った。しかし、大勢に攻めたてられた上に家人は全員逃げ去って一人もおらず、又四郎と友之助ばかりになってしまった。二人はとてもかなわないと、太刀をひっかついで逃げ、ようやく死命をのがれることができた。

 「無念至極。これほどの難儀に遭うとわかっていれば、膳の城を枕に討死していたものを」と言って後悔したが、このうえは妻子の行方をたずねようと、二人とも行方知れずにどこかに落ちて行った。

膳城址の空堀 日も暮れてきたので、藤生紀伊守(新田由良家臣)、白石豊前守(足利長尾家臣)、石井安芸守(小俣渋川家臣)は軍勢を集めて鹿田山まで退き、前橋から後詰めがあればこの軍勢で攻めようと、二日の間そこに陣をはっていた。

 その後、春松殿は謙信公のもとで成人されたが、膳の城には城代も置かれず、落城のまま放置された。

(写真は、膳城本丸跡南側の空堀。膳城の南部は破壊されて宅地と畑になっているが、本丸を含む北半分は群馬県史跡に指定されて、遺構がよく残っている。)

 寄せ手は、村里、神社、仏堂、寺中、山林まで手当たり次第に残らず濫妨取りして帰って行った。

 近隣の坊主や山伏は、「備中守が小俣攻めの案内などをしたばかりに、命を失ったのみならず、一族家人までことごとく路頭に迷い、百姓、坊主、山伏まで難儀に及んでしまった」と、口々に愚痴を言い合った。


前へ

次へ