新田老談記11

− 桐生家の乱れ・その1 − 

 上州桐生の城主、桐生大炊助殿(助綱。祐綱とも)には御世継ぎの子息が無かったため、国も近く縁者でもある下野国佐野の城主天山殿の弟の又次郎殿(親綱。佐野昌綱五男)を御養子にされた。

桐生城 佐野からのお供に荒井主税之助、茂木右馬之丞、山越出羽守、津府子形部の四人が御後見として付いて来て、諸々の仕置をまかせられ、これら四人が家臣として勤めることになった。それから間もなく、大炊助殿は死去された。

(桐生大炊助の六代前の豊綱は、佐野国綱の次男が養子に入って桐生家を継いだもの。それ以来、桐生家と佐野家とは関係が深かった。桐生大炊助は撃剣の達人で、桐生家には多くの剣豪が集まったという。写真の手前付近が桐生氏の居館址。後方の山に桐生城(檜杓山城)があった。)

 その後、又次郎殿の後見役の四人は、古来の家老の谷右京や大屋勘解由左衛門などには構わず、従来の武士、町人、百姓の仕置や諸法度を廃止し、もっぱら新法を行い古来の法を用いないようになった。そのため、良い侍は退出し、残ったのは新参者ばかりになってしまった。新参者のため、毎日のように喧嘩口論が絶えず、少しのことでも取り上げて評定するようになった。そして、不公平が生じ、坊主、山伏、百姓、町人の訴訟が起こると、勝った者からは礼金を取り、負けた者からは過料銭を取るという理不尽なことが行われるようになった。

 津府子と山越は、自分たちと親しい侍は何の吟味も無いままに高い知行を取らせて召し抱え、気の合わない侍にはいろいろ難癖をつけて退去するように仕向けた。そのため、上泉伊勢守、八木伝七、根津采女などは退去して行方もわからなくなってしまった。彼らのあとには、津府子や山越が、上杉、越後、甲州、今川家などで追い払われた者たちを「大家から当家を望んでやって来た」などと言って取り成し、御前に報告もせずに取り立てていった。

 四人衆のうちで荒井や茂木は、「同僚や役人に諮ることもせずに召し抱えるのは勝手が過ぎる」と、朝も夕も絶えず腹を立て、次第に四人衆も二つに割れてしまった。荒井と茂木は、「御家の滅ぶべき時は近い」と考えて、何事につけてもその日のことを考えていた。

 古来からの第一の大身であった芥沢能登守や広瀬、一不、荒巻式部などは平座に落とされ、慮外千万の作法であった。彼らをはじめとする桐生家の五十三人の物頭衆は、氏政、謙信公、信玄公などにも名を知られていた武勇の士であった。「武勇にも依らずに序列が決められ、古参と新参の礼儀も無く、片腹痛い事だ」と、女や子供まで噂し合った。

 領外の上下の者も、桐生家の諸仕置、方便の悪いことを悲しみ、「一日も早く違う御代になってほしいものだ。津府子と山越が討死か退去でもしたら、餅をつき、軍神を奉って祝おう」などと言って、二人を憎んだ。


前へ

次へ