新田老談記12

− 桐生家の乱れ・その2 − 

 桐生家中の里見上総入道殿(里見勝広。実尭とも)は、桐生大炊助殿の御代に浪人して甲州から桐生に来て桐生殿をお頼みになった人である。桐生殿は上総入道殿に赤萩の出城(群馬県桐生市川内町。仁田山、谷山、皿窪、用明、高津戸などの一帯の地域城)をお与えになり、仁田山八郎を添えて遣わされた。

 里見上総入道殿の嫡子は随見(勝政)、二男は勝安といって、文武両道ともに人に勝れていたため、大炊助殿は「将来は一方の大将ともなるべき侍になるであろう」と、頼もしく思っていた。

 やがて大炊助殿が御逝去され、又次郎殿の代になると、道理が廃れて上下の者が悲しむようになった。里見上総入道殿はその様子を見て、「笑止千万のこと」と思われ、書付けで又次郎殿に御意見を申し上げた。

 山越と津府子はそれを知って、「これは推参至極。これほど太平ですべて平穏な時なのに、悪意をもってこのようなことを申す者は、いざという時には同士討ちを始め、裏切りをなし、敵に内通するに違いない」などとたびたび讒言した。

 又次郎殿は彼らの讒言を信じてしまい、書付けの趣旨を用いることもなく、里見親子を憎むようになった。そのため、上総入道殿は出仕が滞りがちになり、随見は越後に退出して音信不通になってしまった。

 津府子と山越はその後も讒言をいろいろ申し上げたので、又次郎殿もそれを聞き入れ、「随見と勝安の兄弟は暇乞いもせずに越後に退出し、その上、上総入道も先代の御恩を忘れて出仕しない。大秡(大貫)佐兵衛の悪口の沙汰も逃れ難い。入道に生害を申しつけるべし」と決定されてしまった。

 津府子と山越はこれを聞いて、「延引すれば和談を訴える者が出て来るかもしれない。さっそく詰腹を切らせよう」と、まず、上総入道の配下の石原石見の元へ内通を申し込んだ。石原石見が直ちに了承したので、軍勢を催して赤萩の屋形へ押し寄せた。

 山越出羽守が先頭に立ち、荒巻式部、津久井和泉、斎藤丹後、芥沢能登守、風間将監、水沼主税、内田主馬助、塩原左近、清水道仙の十一人が赤萩の畑ノ平に押し寄せて鬨の声を上げた。

 入道は少しも驚く気配はなく、「きっと桐生から寄せて来たのであろう。随見と勝安の兄弟がいたら一戦花を散らして見物するのだが、今はあいにく留守だ。小勢でもあり、また、先代の大炊助殿の御恩を忘れがたい。ひとまず八山(谷山。群馬県桐生市川内町雷電山)に退いて、後日の沙汰を待ってみよう」と仰せになった。

 石原兄弟はそれを聞いて「その儀、ごもっとも」と申し上げたが、その時、大秡(大貫)佐兵衛が石原を睨み付けながら、

「さてさてあさましき入道殿の御心かな。運命が尽きると才覚の花も開かないとは、今思い知った。何とか八山へ退くことができたとしても、それこそ運の尽きというもの。たとえ小勢であっても、押し寄せた敵に一筋の矢も射ないのでは、死んだあとまで御兄弟にどのように思われるか恥ずかしい。侍の名理も朽ちることになろう。里見家の末裔はその方(ほう)と我らだけだが、今まで肩を並べて座っていたのが口惜しい。各々方は一同さっそく八山に退出すればよい。そのあと、佐兵衛は心静かに討死いたそう。それにしても名残り惜しいのは御兄弟のこと。今生の縁は薄くとも、来世は同じ蓮の縁にあずかれるであろう。」と、大きく見開いた目に涙を浮かべて言った。

 大秡佐兵衛の下人や一族は、わずか二十人にも満たなかった。その中でも一味同心の者は、嫡子大秡彦八郎、二男彦七郎、舎弟大秡源太左衛門、家人では篠田兄弟であった。これらの人々が、思いを決したありさまで、庭の真ん中に並んで、最後の盃を指しつさされつ酌み交わした。

 桐生勢がまもなく屋形の前まで押し寄せて来たので、左兵衛は門外に乗り出し、大音声で言った。

「寄せて来た勢は、桐生又次郎殿の御出馬でありましょう。入道は、たった今、石原を連れて八山に退出いたし、以前のとおり決して御支配には背かないとのこと。それがし一家だけはここに残り、御出馬の面々に一矢ずつだけでも御馳走申したく存ずる。受けてみよっ」

 こう言って、左右に並べた矢を取って、弦(つる)の音を響かせながら一矢ずつ心静かに射始めた。寄せ手は三百人ばかりが密集していたので、無駄な矢は一筋もなかった。その後、太刀を抜いて大勢の中に駆け入って、東西南北に切り廻り、人馬の区別なく当たるを幸いにまっしぐらに切ってまわった。寄せ手のうち、清水道仙、水沼主税之助などが、一族家人とともに十五六人討死した。

 やがて味方も討たれて佐兵衛親子だけになり、弟の源太左衛門は生け捕られてしまった。佐兵衛は、「敵は大勢であるから、逃れられるとは思えぬ。よき敵と組んで刺し違えよう」と走り回ったが、次第に疲れ果ててきたので、「今はこれまで」と御屋形に火をかけ、門外に走り出て言った。

「今日御出陣になった衆は、敵が少なくて残念であろう。よくよく肝に銘じておけ。そのうち桐生へも新田、足利から攻め寄せて来るであろう。その時の出羽守の因果は、この左兵衛と同じだ」

 こう言って、親子一緒に切って出て、山越出羽守と組んで戦おうとしたが、出羽守と出合うことはできず、荒巻兄弟、風間将監と渡り合って親子一緒に討死した。

「石原兄弟の裏切りがなければ桐生から攻め寄せることもなく、和談も入れられたであろうに」と、人々は噂し合った。

 左兵衛の首は、桐生峠で獄門に懸けられた。


前へ

次へ