新田老談記13

− 桐生家の乱れ・その3 − 

 山越出羽守は桐生へ帰陣して、初めから終わりまで又次郎殿(桐生親綱)に報告した。

 又次郎殿は、

「入道が八山に退出して降参すれば攻めなかったものを。そうすれば、水沼主水と清水道仙の討死も無かったであろうに。左兵衛は、敵にするにはいやな侍であった。弟の源太左衛門の首を直ちに切って獄門に懸けよ」と仰せになった。

 源太左衛門が二十三で切られるのを、惜しまない者はいなかった。

 里見入道殿は八山で謹慎されているとはいえ、石原の裏切りが露見したらどのような行動を取るかわからないので、又次郎殿は「入道も生害させよ」と石原石見に仰せ付け、ついに入道殿も御生害になった。

 入道の首は石原兄弟に下され、その後石原兄弟は、又次郎殿の御家人になって勤めるようになった。

 さて、越後に滞在していた随見と勝安の兄弟は、これらの趣をお聞きになって、

「なんと口惜しいことか。切腹や討死は武士の家には珍しくないとはいえ、左兵衛父子の働きは不憫千万なことであった。津府子と山越は讒言の敵だから、なんとかしてもう一度桐生へ戻り、彼らと刺し違えて本望を達したいものだ。裏切った奴らは意趣を報ずるまでもない。天命に背いて子孫を失うのは、逃れられないであろう」と言い、大炊助殿の御代の御恩を思って、「笑止千万なること」と、涙をお浮かべになった。


前へ

次へ