新田老談記14

− 桐生家の滅亡・その1 −

 新田の城主由良殿は、大沢下総守、林越中守、藤生紀伊守を召して仰せになった。

「桐生又次郎の家中には新参と古参のいさかいがあり、そのうえ、津府子刑部と山越出羽守の支配を嫌って、良い侍は歩弓人まで退出していると聞く。荒井主税助と茂木右馬丞は特に関与しておらず、津府子と山越の両人がことのほか奢っているという。桐生はいずれ破城になるだろうという噂が近隣に飛びかっているので、荒井と茂木がこちらに内通する気があるかどうかを確かめてから押し寄せ、新田の支配にしようと思う。このまま放置して他所から馬を入れられた場合、あとでやっかいなことになるであろう。どうかよく考えて、良いようにはからってほしい」

 藤生紀伊守が承って、「仰せの趣きはそれがしが聞いていることと少しも違っておりません」と言った。

 足利(長尾)顕長公は、

「直ちに追い散らしたいとは思うが、桐生又次郎は佐野の一族なので、佐野から後詰め、横槍を出されると手間取るかもしれない。ともかく新田・足利の軍勢を損なわないように計らっていただきたい」と、仰せになった。

 大沢下総守はそれを承って、

「紀伊守の縁者が桐生にいるので、あちらの詳細を知っているでしょう。内通するかどうか確かめて、時を移さず実行いたしましょう」と、申し上げた。

 藤生紀伊守は津久井和泉、斎藤丹後、関口尾張、中里若狭守、彦部加賀守を招き寄せて内談を行い、荒井、茂木と連絡を取った。そうしたところ、これらの人々のほかに大屋勘解由左衛門と谷右京進も加わった連判状が、紀伊守のもとに送られて来た。風間将監、佐下橋治部、荒巻式部、周藤帯刀は連判に加わっていなかったものの、紀伊守と連絡を取り、内応を了承した。

 また、津久井左京は老齢であり、薗田、岩下、須長、下山などは桐生の昔からの御家人で、このところ又次郎に恨みを含んでいた。

 その他、伊藤右近、大屋勘解由、鹿貫将監、白石掃部は山中五閑田攻めの際に謙信の御家人の秋田備後守に頼まれて先陣をつとめ、家人一族と共に既に討死していた。山中の幕下、芥沢、松島はどちらでもよいと考えており、八須、長沢、土屋、里見田、木村、森下垣、生方は最近召し抱えられた新参者なのでどうにでもなると思われた。

 永井弥市、飯塚播磨守、稲垣主膳、内田庄之助などは高い知行をもらっており、津府子や山越の寄騎同然の者であった。敵の中では、この者ら五十三人ばかりが敵対すると予想された。そのほかの小身の者の中には、手ごわそうな者は一人もいなかった。

 「さっそく軍勢を差し向けさせてほしい」と、新田では上から下まで願わない者はいなかった。


前へ

次へ