新田老談記15

− 桐生家の滅亡・その2 −

 こうして、天正元年三月十二日、藤生紀伊守を大将として桐生殿の屋形へ押し寄せた。

 先陣は荒戸寄山の麓に集まって、近隣から馳せ参じる軍勢を待った。新田から紀伊守への加勢として、小金井四郎右衛門、金谷因幡守、増田伊勢守、木村伊豆守、国定玄蕃、岡田石見守、芝上久助、広瀬長蔵、岸根彦五郎、畑六之助、松本重蔵、斎藤織之助、同甚九郎、浜田内匠之助、南佐渡守を先手として上下百七十五人が馳せ集まって境野原に陣を取り、紀伊守に使いを送った。

 小金井四郎右衛門と藤生紀伊守が相談して、人数を三手に分け、天神森、もくら山の麓、東山の峰を通って三方から桐生に押し寄せた。

 山越出羽守はこれを見て、上下五十人ばかりを召し連れて、どんなに奮戦しても勝てる道理はないものの、無二無三の働きをしてどうにかして小金井、藤生を討ち取り、本望を遂げようと準備した。

 まず、十二日の朝、軍神への血祭りとして、藤生紀伊守に内通した罪によって岩間、中島、野口の首を切り、喰井坂の右の田中にさらした。

 それから正蓮寺の近くまで乗り出して前後の敵の様子を見ると、野も山もみな敵勢が取り巻いて鬨の声を上げ、太鼓を打ち鳴らしていた。味方は籠の鳥のようになってしまっており、逃げられる様子は無かった。

 よい敵の陣に駆け入って討死しようと思っていると、観音山の麓の川の前後に百人ばかりが布陣していた。

 「これこそ大将の陣」と喜んで、まっしぐらに駆け入って、東西南北に切ってまわった。しかし、これは藤生と小金井の勢で、宗徒の侍から歩弓人にいたるまで一騎当千の集まりだったので、敵を真ん中に取り込める間もなく、左右に斬りつけてなぶり打ちに討ち取られる者もあり、出羽守も火花を散らして戦ったものの、敵はいよいよ勝ちに乗り、味方は次第に気力が失せて、行人塚の前まで引き退いた。

 そこで山越出羽守が味方の様子を見ると、六十人いた者たちはほとんど討たれてしまい、残った二十人ばかりの者どもは、傷を五か所、三か所と負って半死半生でない者はいなかった。自分自身も八か所に傷を負っており、逃げられるはずもなかった。

「みな腹を切ってくれ。我らも切腹して、三途の川を一緒に渡ろう」と言うと、木村と岩下が、「これほどまでになって腹を切るということがありましょうか。百騎が一騎になるまで敵と戦って死に花を咲かせてこそ、心地も少しはよいでしょう」と言った。

 出羽守はそれを聞いて、「それはもっとも。自分もそれを望んでいた。二十人全員、同じ枕に討死して、新田、桐生の武士の手本になってくれよう」と言って藤生紀伊守の陣中へ斬り込み、人馬の区別なく討ち捨て討ち捨て左右前後に走り回った。すでに紀伊守もあやうく見えたところに小金井四郎右衛門が下知して新手を入れ替え、火や水のように攻めたので、山越出羽守もついに討たれた。広瀬、一不、木村、岩下なども皆討たれたので、他には戦いを望む者は一人もいなくなった。

 御屋形の又次郎殿は、津府子が御供たてまつり、山道を抜けて佐野へ引き退いた。

 桐生の城代は横瀬勘九郎殿に仰せ付けられ、藤生紀伊守を添えて諸支配を改めた。

 天正二年三月九日には由良殿も桐生に御入部あそばされ、山の方まで御覧になったあと、西方寺にお入りになり、住持と御対面された。大蔵院へは御使者を送っただけであった。また、地侍を残らず召し寄せ、津府子、山越と親しかった侍は歩弓人にいたるまで百人余りを追い払い、百姓、町人でも桐生殿に忠義だてする者は全員追放した。神社、仏堂へもそれぞれに気を配ったので、「御慈悲のある仰せ」と喜ばない者はいなかった。

「新田老談記・上」、終わり


前へ

次へ