新田老談記16

− 里見兄弟の帰還・その1 −

 里見随見、勝安の兄弟は越後へ退出したところ、謙信公から頼もしい挨拶を受けたため、そこで月日を送ることになった。兄弟は、越後でも数度の合戦で比類の無い武功を上げた。

 桐生又次郎殿が御敗亡になったとお聞き及びになり、

「それがしが退出したあとも、万事うまくいっていなかったとみえる。かねてから予想していたこととは言いながら、残念な御代の有様かな。父の上総入道が御恩を受け、またそれがしども一族の名付親でもあり、あれこれ思い出すと懐かしい」と言いながら、涙を流された。

「入道殿の御切腹の儀は津府子と山越の讒言のゆえである。桐生殿を恨み申してはおらぬ。まず桐生へ立ち帰って、讒言の者を思いのままに討ち滅ぼし、城代の藤生紀伊守は桐生殿の敵だから、矢を一筋だけでも射て本望を達したいものよ」と、朝に夕に思われた。

 そのことを縁者や知り合いに話されたところ、誰もが頼もしい人々で、一味同心の衆が百人ばかり出来た。人数が集まったので兄弟は喜悦し、天正五年九月初めにその人々を連れて上州桐生に参着した。

 近隣の様子を聞くと、墨川沢入の人々は近年の騒動においてどちらの加勢もせず、家人、一族、家名の揃った面々である。「これは古伯入道(松島古伯)に好しみを通じ、他事には関わっていない者たちなので、今度のことをただ一筋に頼んでみよう」と考え、まず墨川神梅にお越しになられ、道伴(芥沢道伴。阿久沢、悪沢とも)と古伯入道(松島古伯)に初めから終わりまでお話しになった。(芥沢道伴と松島古伯ら「神梅(かんばい)衆」については、「新田老談記25」に説明が出て来る。奥州阿倍氏の一族の末裔といわれ、桐生の北の山間部を領していた。)

 両人はそれを承って、「讒言の敵を討とうというお望みは至極もっともなこと。桐生をお攻めになるには、小勢ではとても無理でしょう。何故かというに、新田足利の矛先は今や日の出の勢いで、近隣も遠所も従わないところはないほどです。このようなことは引き受けたことはございませんが、甲山を御住宅としてお貸しいたしましょう」と言った。

 両人は喜んで増築の普請を始めたが、しばらくして考えを変えて、高津戸(群馬県山田郡大間々町高津戸)に要害を普請して構えることにした。そこは桐生山中の境界で、地頭や領主の預かり知らないところだったので、要害を構えても誰にもとがめられない場所であった。先年、上総入道が皿窪の乱の時にこの山に陣を張り、桐生赤萩の要害を構えた場所である。(高津戸は、赤萩の地域城の西端に当たる。)

高津戸城址 その場所は、西南には渡良瀬川が流れ、北は険阻な高い山で大木が繁り、人間が住めるかどうかも覚束ないほど険しい場所である。五町ほどのところにあちこち堀切や落し穴を設けて味方に有利なようにしてあり、三方は鳥の通うすべも無いほどの険しさであった。城の中は三段、四段に堀切をつくり、土手を築き、七尺ほどの柵を作った。

 要害が完成して、「どのような武士であろうとも、とても忍び込むすべは無いだろう」と随見と勝安は喜んだ。

 (写真は、高津戸の要害山。山頂付近に、高津戸城(里見兄弟の要害)の遺構がある。)

 兄弟は、「父入道が生きているうちにこのような要害を構えることができれば、あのようなことにはならなかったであろうに。最近の乱のために、自分も他人も、考えることはすべて偽りの世の中となってしまった。」と、涙を流された。そして、越後から連れてきた同心の面々を集めて酒宴を催し、気持ちをお慰めになった。


前へ

次へ