新田老談記18

− 里見兄弟の帰還・その3 −

 新田(由良)国繁公は里見兄弟のことを聞いて、

「逆心者の子では無く、憎むべき者でもないが、近くにいる我らに一言の挨拶も無いところをみると、後日、山中の者どもをかたらって旗を揚げようとしているのかもしれぬ。仲間を召し抱えているところを見ると、何を考えているのか心配である。」と勘九郎殿(横瀬勘九郎。由良氏の一族)に相談した。

 横瀬(勘九郎)殿は、それをうけたまわり、

「仰せのとおりです。我らもまさしくそのように取り沙汰しております。しかしながら、里見兄弟ごときに何ほどのことができましょうか。きっと石原兄弟を恨み、津府子と山越に意趣返しをするために時節を待っているのでしょう。こちらの領地で狼藉しない限りは、そのまま放置してもよいでしょう。彼らを討ち取るのは、いつでもすぐにできることでございます。」と、申し上げた。

 国繁公もそれを聞いて頼もしく思われ、横瀬殿と連謡を出して内談を終わられた。

 やがて、随見は、山越出羽守は討死したので、何とかして津府子刑部を討ちたいと思し召しになり、佐野へ忍んで行って様子をうかがった。しかし、討ち取れる様子もなかった。玖蘭原の遠藤織部と知り合いだったため、助力を頼んでみようとお考えになり、遠藤のもとをお訪ねになった。

 遠藤は随見を家に招き入れ、親しく物語などして、随見は四五日御逗留になった。そのうち、随見がひそかに自分の考えを打ち明けると、織部はそれを聞いて、「近頃、津府子は病気になり、人前に出ることもできないという噂を聞いた。病人を襲うのも罪作りなことなので、ひとまず待った方がよい」と言った。

 里見殿はそれをお聞きになって、「病人を討ってもしかたない。因果はただちに報いるものよ。」と、気持ちを和ませた。

 そして、高津戸にお帰りになり、「この上は石原を討って入道の孝養にしよう」と、天正六年五月二日、里見兄弟、正木大蔵、大秡(大貫)長須丸、平山猪之助など上下二十三人で、石原を撫で斬りにしようと石原の家に押し寄せた。ところが、里見兄弟が近くにいるのを知って、かねてから用心して遠見番を置いてあったのか、家には一人もおらず、たった今逃げた様子であった。一党は、力無く高津戸に帰って行った。

 その後は、石原親子は用心して足利の栗崎というところへ逃げ、用明の住宅には家人一族十四五人を配するようになった。 


前へ

次へ