新田老談記19

− 高津戸城の合戦・その1 −

 新田殿はこの事情を聞き、藤生紀伊守を召して仰せになった。

「里見兄弟は、近頃、親や又次郎の敵討ちを望んで、大秡左兵衛の子供らと石原の家に押し寄せ、狼藉を働いたと聞いた。侍としての心指しはあっぱれだが、石原兄弟は我が旗下になって地侍なみに勤めている。目の前で石原を討たせるわけにはいかない。どうすればよいと思うか。」

 紀伊守はそれを聞いて、

「仰せはごもっとも。追い散らして拠点をつぶさないと、いつまでも狼藉が続くことでしょう。しかしながら、越後の浪人が上下合わせて百四五十人もいると聞いております。小勢では、とてもかないません」と、申し上げた。

 新田殿も後々のことを心配され、仰せになった。

「それでは、桐生・新田の軍勢を用明の城に集めて高津戸を攻める様子を見せれば、逃げ去るかもしれない。こちらに挨拶があって然るべきところなのに、まったく来る様子が無いのでは、彼らが何を考えているのか理解しがたい。彼らがこちらを攻めるべき理由もない。里見の家は、代々新田家に誼(よしみ)が深い家である。上総入道は、最近新田とのつき合いを断っていたが、それには理由がある。上総入道は、国府台の合戦で根津尾張守を攻める時、新田勢に加わらず、義信(義重?義宣?)方に加わったが、佐竹勢では上総入道のことを、『本来新田勢に与すべき侍なのにこちらに加わっているところをみると、横槍、裏切りをしでかすかもしれない。油断するな』と触れまわったため、面目を失って、その後は新田へも顔を出さなくなった。ようやく桐生大炊助を頼って桐生家の家臣となっていたが、桐生家は我々が先年滅ぼしてしまった。その子供なので、我々のところに顔を出さないのももっともである。しかしながら、狼藉者を許すこともできかねるので、ともかく押し寄せて追い散らし、抵抗するようなら撫で斬りにせよ。」

 藤生紀伊守は仰せをうけたまわって、さっそく軍勢を催して高津戸へ押し寄せた。

 まず、先陣は、関口尾張、荒井主税、茂木右馬亮、伏島外記、荒巻式部、周藤帯刀、大谷勘解由、福島権三郎、森下長左衛門、風間将監、佐下橋右近、岩水喜太郎、岩下織部、飯塚又五郎、常見隠岐、籾山太郎右衛門、伴田久六郎、箱島牛之助、江原与右衛門、下山監物、鹿貫将監、片山重蔵、宮寺左近、中里若狭、彦部加賀、斎藤丹後、伊藤右京、福島出雲、野村彦次郎、津久井左京、下山縫殿助、内田兵庫、峰岸志摩、稲垣源次郎、垣上甚四郎、堀内内蔵、木村縫殿之助、大沢弁之丞、薗田彦六、須長八蔵。これら桐生勢は紀伊守の旗下となり、我先にと乗り出した。

 新田勢は後陣となり、金谷因幡守を大将として、丸橋越前守、金井田伝吉郎、引田善八郎、岡部石見守、木村伊豆守、長島外記、斎藤織之助、戸崎源三郎、渥美又兵衛、同源五左衛門、安藤次郎助、松井半之丞、寺島小兵衛、島田久五郎、板橋戸市郎、岡新三郎、堀越茂左衛門、高山平六、坂庭与一郎、生方隼人、沼団右衛門、中根内蔵之介、小林寅之助、河上民部、小泉左京、芝山大助、園田彦七郎、井上出羽守、梁瀬藤九郎、小田兵部右衛門、瀧野辰之助、宮寺市十郎、久永図書、以上宗徒の人々三十六騎。上下合わせて百五十人が、浅海原を通って桐原村の間々下に布陣し、桐生勢と同時に攻め寄せようと準備した。


前へ

次へ