新田老談記20

− 高津戸城の合戦・その2 −

 やがて、藤生紀伊守は軍勢を揃えて用明の出城に入った。

 高津戸ではこれを見て、随見、勝安、越後勢が喜び、

「いままでは戦うべき敵もいなくて旅陣に退屈していたが、新田・桐生の兵どもが攻め寄せてくるのは望むところ。懸かる時も退く時も、決して味方を見捨ててはいけない。敵は大勢、味方は小勢なので、もしも敵に取り囲まれたら何の働きもできずに死ぬことになろう。とにもかくにも同じ枕に討死して、新田・桐生の者どもの目を醒まさせてくれよう。」と、勇みたった。

 天正六年九月中旬のことである。

 新田・桐生勢は野も山も前後を取り囲み、高津戸の勢は籠の中の鳥のようになってしまった。越後勢の中には肝をつぶして書状をしたため、国元へ形見を送る者もいた。

 やがて桐生勢の大屋勘解由左衛門、常見隠岐、荒巻式部が、「新田勢に先を越されては末代までの恥辱」と手勢に言い含めて抜け駆けを行い、まず、北の攻め口に攻め寄せて鬨の声をあげた。

 城中では、わざと鬨の声を返さず、矢の一筋も射ずに静まりかえっていた。高津戸峡

 新田の軍勢は鬨の声を聞き、「さては桐生勢は抜け駆けして押し寄せたようだ」と、これも我先に押し寄せた。渡良瀬川(わたらせがわ)を隔てて鬨の声を上げ、遠矢を射かける者もいた。

 金谷因幡守(新田勢の大将)は采配を振るって、「川を渡れ」と下知したが、急なことだったので新田勢は川の流れを見て押し合いながら乱れるばかりで、なかなか川を渡ることができなかった。

(写真は、高津戸城の崖下を流れる渡良瀬川このあたりは渡良瀬川が峡谷をつくっており、高津戸峡と呼ばれている。)

 そのすきに桐生勢は城に押し寄せ、落し穴を埋め、乱杭を抜き、城内に乱れ入ろうとした。


前へ

次へ