新田老談記21

− 高津戸城の合戦・その3 −

 城内では、勝安がひとつのはかりごとを思い付き、敵が混乱したら討ち取ろうと、まず土手の上に上がって大音声で名乗りを上げた。

「かく申すは、いかなる者と思うであろうか。上総入道の次男、平四郎勝安なり。寄せ手は、いかなる遺恨があってこれほどの大軍を催されたのか。我々兄弟は近年越後を迷い、今、ここに居住している。高津戸城本丸もともと当国にて出生の者なるゆえ、懐かしく存じて住み着き、以前の友を頼み、ここを末代の子孫まで露命をつなぐ地と思っていた。しかるに、思いのほか難儀な取り沙汰をして悪く取り成した者がいたため、新田・足利殿もそれを信じて御立腹されたのであろう。しかしながら、我々が新田・足利殿を恨むべき道理もない。それがし兄弟の恨むべき者は、心有る方々は御存知かもしれぬ。このたびの合戦で我ら兄弟が討死して、彼らを安楽のままにしておくことは無念至極。願わくば、このたびは速やかに陣を引いていただけまいか。」

(写真は、高津戸城の本丸下から撮影。右上の高所が本丸跡。周囲には、いくつかの曲輪がよく残っている。この山は地元の人の犬の散歩コースになっているらしく、犬を連れた人が異様に多かった。)

 これを聞いて、新田・桐生の軍勢の中には、勝安の言い分を「もっとも」とする者もあり、「これほどの軍勢を催したからには、是非合戦をしよう」と言う者もあった。その間に、新田・足利の物頭は我先に川を越え、無二無三に攻め寄せてしまった。

 城内の者どもはこれを見て一斉に太刀を抜き、火花を散らして戦った。

 新田・桐生の勢はあまりに逸りすぎて、伴田久六、岩下織部、永島外記、板橋戸一郎など宗徒の侍十三人が討ち取られてしまった。その他、下々の歩卒や弓人も、落し穴や逆茂木に遮られて大勢が討死した。

 藤生紀伊守と金谷因幡守は目の前でこれを見て、「もってのほか」と驚き、采配を取り直して用明の出城の堀切まで軍勢を引き、しばらく休息を取ることにした。

 新田・桐生勢は、「小勢とあなどり、ただ一揉みにしようとしたばかりに大勢を討たれてしまった」と言って、口惜しがった。

 その日は暮れたため、軍勢は用明の城で野陣を構え、「勝負は明日決しよう」と夜を明かした。


前へ

次へ