新田老談記22

− 里見兄弟の最期・その1 −

 随見と勝安は合戦に勝ってお喜びになった。そして、こう仰せになった。

「敵はまだ引き上げず、大部分が用明の城に集まっている。夜の明けるのを待って明日の早朝から押し寄せ、今日の恥辱をすすごうと思っているのであろう。それがし兄弟を初め、連れの衆も明日討死が決まったようなものだ。新田・足利・桐生の大軍勢を引き受けて勝てるとは思わないが、かくなる上は何とかして藤生か金谷を討ち取って、大炊助殿の孝養にしたいものだ。」

 越後勢がそれを聞いて、「それはそうですが、明日を待つのは油断というもの。今夜こちらから用明に押し寄せ、無二無三の勝負を挑みましょう」と言うと、随見は、

「我々もそう思っていたところだ。皆、その志があるなら、うれしい限り。」と、仰せになった。

 そこで、思い思いの武装をして、その夜の八つ頃、百人ほどの人数を三手に分けて、三方から鬨の声を上げて押し寄せた。

 新田・桐生の軍兵は突然の鬨の声を聞いて驚き、昼間の合戦でくたびれて前後不覚に寝入っていた者も多かったので、太刀、長刀、槍を奪い合い、取り乱して乱杭や逆茂木に当たって死ぬ者や、味方と思ってなれなれしく敵に近付いて討たれる者までいる始末だった。

 藤生紀伊守はこれを見て、「敵はわずか百五十人にも満たない人数。顔を知らない者は、たとえ味方でも討ち捨ててよい。松明を出せっ」と大音声で下知した。それを聞いて味方もほとんど正気を取り戻し、桐生・新田の勢が一か所に集まって、敵と味方を見分け合った。

 その頃、越後勢も思いのままに引き上げようとしていたが、紀伊守がそれを見て、「一人も逃すなっ」と追いかけてさんざんに戦ったため、越後勢はそこで二十三人が枕を並べて討たれた。

 この合戦で、新田勢では引田善八郎、渥美五兵衛、島田久五郎、藤沼源右衛門らが討たれ、桐生勢は木村縫殿之助、大沢牛之助、園田彦太郎、稲垣源次郎が討たれた。桐生・新田の勢は、上下合わせて八十六人が死に、槍傷を負った者は数知れなかった。


前へ

次へ