新田老談記23

− 里見兄弟の最期・その2 −

 随見と勝安もやっとのことで高津戸に引き返し、そこで味方の討死・手負いを改めた。しかし、勝安も深手を負っており、手当てもできないうちに間もなく死んでしまった。

 随見と越後勢は力を落とし、渡し船で竿を流してしまったような気持ちになって、泣きながら勝安を弔った。

 随見は力を落とし、「我ら兄弟の揃っていた今まではいかなる鬼神といえども恐れはしなかったが、勝安が死んでしまった今となっては、生きていても何の楽しみも無い。すぐに死んで、勝安と同道したい」と言って、正木大蔵を藤生紀伊守の元に送り、次のように申し遣わせた。

「それがし兄弟、生国を懐かしんで住居を構えましたところ、いかなる讒言があってか軍勢を向けられ、筋無き戦をつかまつりました。我らも連れの勢も、みな浪人の武士です。誰かの取り成しで新田・足利の御家人にもなりたく思い、すぐにもお尋ねに預かることができるのではないかと待ち望んでおりましたところ、このような難儀に及んでしまいました。かくなる上は、兄弟の首をお送りいたします。残りの越後勢は、本国に帰していただきたく存じます。それがし兄弟に免じ、御赦免いただきたい。」

 紀伊守は了承して、

「御使者の趣き、神妙なる事に候。その地を退かれれば、切腹されるには及びませぬ。越後の衆も、武士の作法など、頼もしき御心底の方々。速やかにその地を退出していただきたい。こちらは元来遺恨も無く、御兄弟のことも時節を待って国繁、顕長方にしかるべく取り成しましょう」と、返答した。

 正木大蔵は喜んで高津戸に帰り、詳しく報告したので、越後勢も随見も喜んだ。しかし、随見は、「いま自分が死を逃れれば、末代まで里見の家の恥となってしまう」と言ってすぐに切腹され、兄弟の首を紀伊守の元に送らせた。

高津戸城本丸跡の要害神社

高津戸阿弥陀堂の里見兄弟の墓

 紀伊守はこれを見て、「これほどのことは望んでいなかったものを。何といたましき有様か」と言い、首実検のために新田殿の元に奉った。

 新田殿は兄弟の首を御覧になり、「何と不憫な事か。彼らは里見の末裔。最期まで智仁勇の道を失わなかった。子孫があれば、取り立ててやりたい」と言って、涙を浮かべられた。

 その後、首を正木大蔵に下されたので、ねんごろに弔い奉り、越後の者どもは力を落として涙と共に本国へ帰って行った。


前へ

次へ