新田老談記24

− 神梅衆との和談・その1 −

 上州勢多郡神梅(かんばい)の寄居の芥沢(阿久沢、悪沢とも)能登守と松島式部は代々武士の家名を失わず、各々支配を全うして、桐生大炊之助殿の子息又次郎殿の代まで桐生の旗下になっていたが、又次郎殿敗亡の後は、縁者の取り成しで小田原へ年に二三度参勤していた。

(注:この芥沢能登守(古伯入道)と松島式部(道伴)は里見兄弟を援助した人々で、高津戸の北の山間部、神梅を本拠地にしていた。)

 新田殿はこれを聞こし召し、ある時、藤生と小金井に、「桐生領の悪沢(芥沢、阿久沢)・松島は、いかがいたしておる」と、お尋ねになった。

 両人はそれを聞いて、「委細は存じません。小田原の旗下を望んだと取り沙汰しております」と、申し上げた。

 新田殿はそれを聞き、

「さては桐生の没落と里見兄弟の生害を情けなく思い、近くにいるのに我らの旗下を望まないとみえる。無礼至極の者どもだ。もしもそうなら、桐生の地侍と新田の歩弓人を遣わして追い散らしてくれよう。新田の物頭や騎馬の者は一人も出してはいけない。相手はわずかばかりの人数の者どもである。そのうえ、新田の軍兵は山中の地理を知らないであろう。よろしく頼む」と、仰せ付けた。

 藤生、小金井は、「このままでは、きっとそのうち小田原の旗下に入ることでしょう。時日を移さず押し寄せましょう」と言って、吉沢、広沢、境野、菱久方、荒戸、本宿、小倉、仁田山、高津戸の地下人七百五十人、侍としては大谷、岩本、森下、風間、茂木、板橋、荒井、戸山、荒巻、伊藤、小林、近藤、薗田、石原、須長、籾山、福田、垣上、常見、大沢、箱島、永井、稲垣、江原、加藤、栗原、鹿貫、片山、野田、下山、内田、高田らの地侍を連れて、相生峠を越えて塩原明神の森に集まった。

 新田の軍勢は、金谷因幡守を大将として近隣の人数を催し、薗田、岡田、萩原、関口、中里、大沢、津久井、下山、伏島、野口、山下、彦部、小泉、木村、布目、梶板、橋寺、田川、川上、矢野、峰岸、島田、松下らの歩弓人を残らず因幡守に付け、尼向坂を越えて梨子の木坂の上の原に集まった。そして、桐生勢と相談して押し寄せようと、伊藤右京と木村縫之助を相談のために塩原へ遣わした。

 夕暮れ時のことだったので、伊藤と木村は歩弓三十人ほどを連れて、よろ瀬山の麓を通り、大原へ出て、敵方の偵察でもしようと思いながら進んで行った。それを、松島織部の元へ行く途中の高草木、郷戸の者たちが見つけて、「敵が押し寄せたようだ。大軍ならばひとまず逃げ、小勢なら討ち取って軍神に奉ろう」と様子をうかがうと、上下五十人ほどだった。

 そこで、「逃げずに切ってかかり夜中まで戦えば、敵は山中の案内を知らないだろうから、そこを取り囲んで戦えば一人も逃さず討ち取れるだろう」と考え、前もって上下五十人ほどの手の者に触れを出し、谷や沢から我先にと駆け出し、三百人ほどで伊藤右京と木村縫之助の元に攻め寄せた。

 伊藤と木村はこれを見て、逃げられる様子も無かったため、「家人一族や歩弓人を討死させるのは不憫だが、ここで死ぬしかない」と思い、全員に下知して脇目も振らずに戦った。敵は大勢で、しかも夜だったので、戦ううちに道に迷い、一人も残らず討たれてしまった。

 新田と桐生の者たちはこれを知らず、夜が明けたら早朝から押し寄せようと待っていたが、伊藤右京と木村縫之助は帰って来なかった。そのうち、彼らが討たれたとの連絡があったので、「さては山中の者どもは早くも備えを出していたか。それなら桐生勢と相談せずに押し寄せよ」と騒然となった。

 金谷因幡守は驚いて、粗忽に攻め込んだらどうなるか予想がつかないと思い、藤生紀伊守と共に攻め込んで兵が損耗しないようにするため、その日は一日相談して日を暮らした。


前へ

次へ