新田老談記25

− 神梅衆との和談・その2 −

 一方、山中の物頭どもも神梅(かんばい)の寄居に集まって善後策を相談したが、「ここはひとまず神梅の寄居を新田方に明け渡し、後日和談を願うべきだ」と言う者が多かった。

 その日、郷戸、高草木の者どもが、

「我らが愚案しますに、新田殿は山中の古例である松島・悪沢(芥沢、阿久沢)の家のことや守護不入のことを知らずに、讒言によって軍勢を向けられたものと思います。どうか今回は和議をお願いいたします。昨晩の狼藉は新田勢も御無念でしょうから、次は無二無三の合戦となりましょう。そうすれば、どんなに必死になっても味方の勝利はありえません。山中の一族は残らず滅亡してしまいます。」と言ったので、道伴と古伯は、

「鳥海弥三郎、廚川次郎以来の家名も滅ぶべき時節が到来したか。驚くべきことではないが、家人一族が亡んでしまうのは情けない。今となっては和談がかなうとも思えないが、紀伊守方に申し出てみよ」と言って、松島弥四郎に犬目、平沢、多沢、和久丸らを添えて高津戸へ遣わした。

 藤生紀伊守と金谷因幡守は、松島弥四郎に対面して事の子細を尋ねた。弥四郎は若輩だったので、代わりに犬目と平沢が進み出て質問に答えた。

「悪沢・松島家の由来を御説明いたします。天喜五年の春、阿部貞任が九州に流される時、上下七百三十人が奥州からお供つかまつりました。義家公が、『箱根山を越えて大勢を連れて行くことはできない。お供の人数は百人までにせよ』と仰せになったので、大部分の者は置き去りにされて、涙を流しながら貞任にお分かれいたしました。その際、貞任が、『行き先の国は、遥か彼方の国と聞いている。奥州への便りの中継ぎのために、このあたりに住め』と仰せ付けになり、松島・悪沢とその家人一族百人ばかりをここに残し置かれました。残りの者は、全員奥州に帰って行きました。義家公がその場で御朱印をしたためられ、末代までこの谷合の地をすべて住居として拝領しました。それ以来、この地に何代にもわたって住んで参りましたのに、誰が讒言を申し上げたのか、このように新田の軍勢を差し向けられたのは意外なことでございます。新田・足利にお取り成しをお願い申し上げます。」

(注:実際は、阿倍貞任(廚川二郎)は康平五年(1062)に奥州で討たれているはず。弟の阿倍宗任(鳥海弥三郎)は投降して京に送られたあと、康平七年(1064)に伊予に流されている。上記の説明は、宗任が上州を通過した時のことが誤って貞任の事蹟として伝えられたものと思われる。天喜五年(1057)という年号も誤り。)

 紀伊守はこれを聞いて、「仰せの段はもっともではあるが、桐生又次郎の旗下になりながら、又次郎の敗亡ののちは目の前にいる新田の旗下に入らないなど、近頃いろいろと不届きな行いが多い。詫び言を述べたとて、聞く耳持たぬ。」と、言った。

 犬目と平沢がそれを聞いて、「今後は新田の旗下となってあい勤めます。不届きについては御赦免いただければ、これからは山中の繁盛のために一族の中から一人証人を差し出します」と、申し上げた。

 紀伊守も子細を聞いて、「赦免せずに山中の一族を滅亡させるのも、思えばかわいそうだ」と思い、新田へ事の子細を伝えた。

 由良殿は聞こし召して、「最近の不届きは許し難いが、わずかな人数の者たちのことだから、思うとおりに処置せよ」と仰せになった。

 紀伊守は喜び、山中へその旨を伝えたので、山中の者どももおおいに喜んだ。

 ところが、小中と高草木の者どもはこの和談のことを知らずにあちこちで戦いを始めたため、郷戸、塩原、花輪、穴原の者どもは残らず撫で切りになってしまった。それを聞いて山中の者どもが皿窪、五閑田へ馳せ集まって情報を集めると、まだ使者の松島弥四郎、犬目、平沢、田沢、和久丸は高津戸から帰っておらず、「首尾がどうなったのか心もとない」と、三百人ばかりで平押しに押し出して来た。

 新田勢は梨子木坂の上原からこれを見て、「敵は大勢で陣を張って押し寄せてきたようだ。『攻め寄せた新田勢が、逆に山中の勢に攻め寄せられた』などと近隣で取り沙汰されると恥ずかしい。川を越えて戦おう」と、我先に討って出た。そして、上下五百騎あまりが一斉に川を渡り、よろ瀬の西北に向かって火花を散らして戦った。

 その合戦の最中に、「高津戸で和議が成立した」との連絡が入ったため、新田勢の中には陣を引く者もあれば、そのまま皿窪五・閑田まで追いかけて追い討ちする者もあり、また、向原、奈良坂の方へ逃げる勢もあった。

 金谷因幡守は味方の様子を見て、早鐘を打って軍勢を集め、「新田から、このたびは山中の者どもを御赦免になるという連絡があった。全員帰陣せよ」と言って、新田・桐生の軍勢を引き上げさせた。

 つまらないことから新田・桐生の者、百七八十人が死んでしまった。使者の松島弥四郎も討死し、犬目、平沢も深手を負って三日後に死んだ。

 悪沢道伴は、新田殿との和議が成立したものの小田原(北条氏)がどう思うか心もとなく思い、討死した新田・桐生の者の首を小田原に持参して、今回の戦いのことを注進した。氏直公は御対面になって顛末をお聞きになると、お喜びになって御褒美を下された。

 氏直公は、「山中の者としては、新田・足利と結ばなければ、近隣なので無礼になろう。今度の和談も、我らに遠慮した末のことであるからそれでよい。しかしながら、由良と長尾がすぐに注進して来ないのは、後日の罪過となろう」と、仰せになった。

 悪沢道伴は小田原から戻り、松島式部、小中、高草木の者どもを連れて新田・足利に参上した。これまでの子細を述べて、金谷因幡守と小金井四郎右衛門の取り成しをもって、今後は旗下に入ることを約束して帰って行った。


前へ

次へ