新田老談記26

− 佐野宗綱の討死・その1 −

 十二月二十九日、佐野宗綱公が富士源太を召し寄せて、

「来る元日の朝、旗下の勢だけで足利へ押し寄せて、不意を襲おうと思う。宗綱が出馬したと聞けば、館林と新田の勢はすぐに集まって後詰めしようとするであろう。今回は名草へ出て、藤坂の寄居を踏み荒らしたあと、須花の小曾根筑前の屋敷を攻め、様子を見て足利の本城まで攻め込もうと思う。万一、新田・館林の軍勢が集まって佐野勢が退けなくなった時は、物頭と歩弓人を集めて戦わせよう。まず、旗本だけで出馬する」と、仰せになった。

 源太がまだ御返答も申し上げないうちに、宗綱公はさらに仰せになった。

「佐野と足利はたびたび戦ったが、佐野勢はこれまで一度も後れをとったことがない。先年、若林、猿田、河崎の合戦の時は、野田・小曾根を越えて押し寄せ、館林城のあたりを狼藉して帰陣したものだ。あの時は、新田・足利の後詰めの大軍が来たので佐野へ引き返した。そのあと、免鳥城の合戦でも佐野方は負けず、足黒、西川辺の初苗合戦の時も郷人や歩弓人をたくさん討ち取った。あの時は、佐野方の討死は須花と樺崎を預けていた小野兵部だけだった。その時の遺恨のためか、足利勢は最近、免鳥領名草境の秣場を荒らし、麻畑を踏み散らし、たいへんな狼藉を働いている。山上道及や天徳寺などがどう思っているかと思うと恥ずかしい。」

 そこに大秡(大貫)隼人が参上したので、宗綱公は隼人にも同じ事を仰せになった。隼人はそれを聞いて、

「仰せの趣き、承知つかまつりました。しかしながら、元旦の御出馬は避けていただけないでしょうか。大の月の晦日と正月元日の合戦は項羽も嫌ったほどで、合戦の日取りにはよくありません。三月の初めまで御延期いただけないでしょうか」と、申し上げた。しかし、御承引はなく、結局、大晦日の夜の丑の刻に触れ回って、突然の御出馬となった。

 その頃、足利では顕長公が諸物頭を召して仰せになっていた。

「佐野宗綱は、近年の遺恨を晴らすため、軍勢を出して無二無三の合戦をしようとしており、近いうちに名草から攻め寄せるという風聞がある。特に、須花の小曾根筑前は小勢で心配なので、歩弓人をやって、里人にいたるまで油断なく守りを堅めるように。佐野が大軍で攻め寄せて来たら、新田・館林・小俣から加勢してもらい、前後左右に若武者を置いて、今度こそ一人も逃さず討ち取り、佐野を足利の支配の地としたい。」

 そこで、足利では守りを厳しくかためていた。


前へ

次へ