新田老談記27

− 佐野宗綱の討死・その2 −

 佐野では、天正十一年十二月二十九日の丑の刻になって、突然、「名草・藤沢の寄居に押し寄せ、正月元日の早朝から小曾根筑前守の居城へ攻め寄せよ」と、諸物頭に触れて回った。しかし、人々はあちこちの山を隔てて散在していたので、宗綱公の思し召しのように軍勢が速やかに集合することはできなかった。

 宗綱公は腹をたて、彦間の方へ馬を向けて、「馬廻りだけでも須花に乗り込んで合戦せよ」と仰せになると、馬に鞭をあててお進みになった。

 それを見て、赤見、大秡(大貫)、富士源太を初めとする面々が、

「このたびは、まず佐野へ御帰陣ください。元旦の合戦なので歩弓・物頭も心勇まないように見えます。そのうえ、足利の遠見番所の早鐘の音が激しく聞こえます。後詰めも来るでしょうから、佐野方の勝利はありえません。雪も深くて、道もわからなくなっています」と、申し上げた。

 しかし、宗綱公は、「もっともなれど、運は天にあると思うべし」と言いながら馬に鞭をあてたため、馬は一気に駆け出した。味方は一騎も連れていなかった。

 藤坂山の北に馬を走らせていると、どこからか鉄砲の流れ弾が飛んで来て、内兜のしころを貫通したため、宗綱公は馬から落ちて息ができなくなった。お供が一人もいなかったので、是非なく田の畦道に腰掛けておすわりになっていた。

 一方、足利では、彦間、須花、藤坂の者たちが残らず撫で切りにされたという連絡が入ったため、顕長公はおおいに驚かれ、鐘を打たせて近辺の勢を集め、後詰めに遣わされた。自身も御出馬されると言って、人数の手配を仰せ付けられ、新田と小俣にも急いで使いを出せと大騒ぎになった。そして、芳賀野右衛門、柳田隼人、山口播磨、杉本修理之助を初めとする人々を、駆けつけ次第、使いとして派遣した。

 やがて、荒井図書、大沼田淡路、市川左衛門、久米伊賀守、岡田、関口、小菅、湯沢、小柴、小林、三保、川田を先陣として五十騎が平押しに押し出し、「佐野勢が帰陣したら本城までも追い討ちせよ」と下知して乗り出した。

 新田と小俣の加勢は取るものも取り敢えず我先にと乗り出し、松田、栗谷を越えて藤坂山の峰まで押し上がった。すると、藤坂と須花の寄居は退去し、彦間の本城は堅固に守られているという連絡が入った。宗綱討死のことは、まだ誰も知らなかった。


前へ

次へ