新田老談記28

− 佐野宗綱の討死・その3 −

 さて、宗綱公は、あとに続く勢もなく一人でいたが、気分がいよいよ悪くなってきたので自害しようとしていた。

 すると、そこに若侍が一人走り寄って来て、「これは良き鎧武者。佐野勢の大将分のお方とお見受け申す。すみやかに鎧かぶとをお渡しなされ」と、声をかけた。

 宗綱はそれを聞こし召して、「それは簡単なこと。首と一緒に持って行くがよい。しかしながら、最後に名字を聞かせよ」と、仰せになった。

 若侍はうけたまわって、「それがしは彦間勢のうち、豊島七衛門と申す者なり。鎧兜さえお渡しになれば、命はお助け申す」と、言った。

 宗綱がそれを聞こし召して、「今このようなありさまに及んで、やさしき心指しを申すものよ。」などと言っているところに大勢が駆け寄って来たため、七衛門は、「人手に懸けるよりは御首を申しうけん」と言って組み伏せ、御首を取ってしまった。集まった勢はこれを見て、「この首は佐野宗綱ではないか」とあやしんだ。

 しばらくすると佐野勢の間に、「宗綱公は藤坂山の畑田の隅で討死された」と口々に言い伝えられた。赤見、大秡、富士源太が驚き、宗綱公を探してあちこち尋ね回ってみると行方がわからないので、「おそらく、討死というのは本当だ」と心を煩わせ、弓矢も捨てて呆然としていた。

 やがて、富士源太が、「かくなる上は、彦間本城に首があるに違いない。無二無三に乱入して御首を取り返そうではないか。もしも討死したとて本望だ。かねてから来世までも御供つかまつろうと決めたことだから」と、言った。

 赤見内蔵之助はそれを聞いて、

「それは思いとどまるべきだ。たとえ大将が本当に討死されたとしても、我々までがこの合戦で討死してはいけない。もしも討死すれば、敵にとっては喜びの上の大喜びではないか。山中道及、天徳寺などもおわすことだから、指図もあるに違いない。しばらく御留守になったのと同じことだ。このような事態の時は心を静めて、敵が後日心もとないような思いをするように謀ることこそ軍(いくさ)の第一だ。大将はまだ二人もおわす。我々がまだいるからには、どんなに足利が盛んになろうとも、時節を待って顕長の御首を申し受けることもできよう。まずまず、このたびは速やかに帰陣すべきであろう」と言ったので、源太も思い詰めた剛心を和ませ、涙とともに帰陣した。


前へ

次へ