新田老談記29

− 戦勝祝い −

 正月五日、足利の御城に御一族と家人が集まって御祝いの礼式があった。おのおの召し出されてお盃をいただいたあと、顕長公が仰せになった。

「佐野と足利のたびたびの合戦に民百姓も疲れていたところ、諸物頭も油断なく、宗綱を討ち取ったこと、喜び斜めならず。各々の武力がまことだったゆえである。」

 それを承って、物頭の一人が、

「このたびはまことに御めでたく、御家の長久のもといでございます。佐野・桐生は思し召しのとおりになりました。このうえは、西上州、野州、武蔵、常州までも御手に入ることでしょう」と申し上げた。

 顕長公は御機嫌良く、まず御盃を小曾根筑前守に下され、次に豊島七衛門に下されてお言葉をかけられ、「七衛門尉、めでたし」と仰せになった。

 それから他の面々にも御盃を下された。すると、御盃を頂戴しながら江戸豊後がはらはらと涙を流したので、座中の人々は不審に思った。長尾殿(顕長)も御気色を変えられ、「強敵を討ち取って共に喜ぶべきなのに憂えたような様子をするのは何故だ。佐野方に縁者でもいるのか」と仰せになった。

 すると豊後は、

「御屋形様の仰せとも思われませぬ。たとえ親子兄弟で合戦に及んだとて、互いに恥を知って他人よりなお義理固く討死することは、よくあることでございます。それがし、愚案を申し上げたきことがあります。宗綱を討ち取ったうえは、まず急いで小田原へ注進されるべきです。今日まで注進せずにおいたのは、はばかりながら御油断でございます。小田原は、近国にあまた大名があるといえども、肩を並べる者もいない大名です。氏綱公から今の氏直公まで五代相続して繁栄し、御一門や譜代がいたるところに満ち満ちております。何とかして新田、足利、佐野、桐生、小俣をも御家人にしたいと思っていることでしょう。しかしながら、新田、足利はかねてから御昵懇で、これまではそれを実行に移してはおりません。しかし、佐野と桐生は討ち取られたので、今残っているのは新田・足利・小俣だけです。何と言っても小田原は並び無き大名なので、参勤しておくことが必要と存じます。また、彦間、藤坂の寄居などへは加勢を送って警戒するよう仰せ付けられるべきなのに、それもされておりません。佐野方に隙があるようなら押し寄せて無二無三の働きをしようと思うべきです。勝って兜の緒を締めたいものでございます」と、申し上げた。

 国繁、顕長はそれを聞こし召して、「その方の考えるところには、一つも除くべきところがない。神妙にも申したものよ」と、御機嫌を直され、「しかしながら、小田原へ注進する暇もなく、また、寄せて来た敵を討たないでおくなどということがあろうか」と仰せになった。

 豊後は、

「敵対する者を御退治になるのは当然のことです。今のような時は、三五七といって決まった用心の仕方があるのです。このたびの宗綱の討死も、士卒の働きと御一族が一心同体で和しておれば、たとえ運命が尽きていたとて、このようなことにはならなかったはずでございます。今回の合戦では、天徳寺や山上道及などは加わっておりませんでした。そのうえ元旦の朝に攻め寄せるなどということをしたので天罰を受けられたとみえます。浅葉、小曾根、荒井、その他の人々、それがしの申し上げたことが理でないと思し召すか。いずれも御心底、こころもとなし」と、目をかっと見開いて申し上げた。

 座中の上下の面々は、一言の返答もできなかった。


前へ

次へ