新田老談記30

− 由良成繁の遺言 −

 由良成繁公(由良国繁、長尾顕長兄弟の父)は御逝去のみぎり、御子たちと御一族に御遺言を数箇条残されたほか、次のようなことを仰せ聞かされた。

 先祖義重公の時から居城は徳川である。そこは平地で一重の掘と屋敷しかないが、三徳があって城郭として優れている。今、金山を城にしていることは先祖に背くようではあるが、以前とは異なり、那波、伊勢崎、前橋も皆和談して味方同然になっているためである。

 もしも西は箕輪、鷹巣、小幡、沼田、東は佐野、結城、榎本、栃木、壬生、小山から攻め寄せたとしても、この城を取り囲めるだけの人数が揃えられるとも思えない。もしも関八州を敵に回したらどうなるかはわからないが、城内のことがわかっているのは旗下の勢だけなので、敵を眼下に見てなぶり討ちにするのもたやすかろう。山の頂上には池がある。飲み水、薪、糧秣に飢えることもない。この山は、無類の名城である。楠正成の千破剣(ちはや)の城は五徳相応の名城で、一徳も外れたところが無いが、この城もそうである。しかし、そうはいっても、それを頼りに籠城してはいけない。

 日本国中の勢を引き受けたとしても、東北は渡良瀬川、南は利根川で遮られている。いずれも近くに馬の足を入れさせないようにはかりごとを巡らせて大将の心の鬼を研げば、五十年、百年戦っても落城はしないであろう。

 大将には、合戦のたびに異なる法がある。それは教えられることではない。

 由良と長尾は兄弟であって、別儀があるはずもない。近隣の大名や国主から招かれようとも、兄弟が一緒に行くことは避けなければいけない。酒宴遊興も一緒に行ってはいけない。出陣の時も、同じ場所に布陣してはいけない。

 近隣の小名を参勤させ、家人一族を大切にしなければいけない。逆心、不忠の輩は、決して許してはいけない。民の小さな過ちを取り沙汰してはいけない。神社仏堂を大破に及んではいけない。筋の無い合戦を催してはいけない。

 このように仰せになって、ついに御逝去され、居並ぶ横瀬殿をはじめとする御一族、御家人が涙を流した。


 この遺言の記事は、原文では「国重」(国繁の当て字)のことになっていますが、明らかに由良国繁の父親の由良成繁に関する記事なので、現代語訳では名前を「成繁」に変えました。


前へ

次へ